漫画家・つかじ俊さん死去、27歳 「終わりが見えてきて...」

印刷

   漫画家のつかじ俊さんが2017年9月25日、27歳の若さで死去した。つかじさんのツイッターとブログを通して10月1日に家族から報告があり、生前親交のあった人やファンらからお悔やみの声が寄せられている。

   つかじさんは2016年3月19日のブログで、進行がんを患っていることを明かしていた。発覚当時、ステージ「2~3b」だったという。

  • 漫画家・つかじ俊さん死去(画像はツイッターより)
    漫画家・つかじ俊さん死去(画像はツイッターより)

ツイッターとブログで闘病生活綴る

   1990年9月12日生まれ。27歳の誕生日を迎えたばかりだった。

   月間コミック誌『ヤングエース』(KADOKAWA)で2016年5月号から『きょうのきゅうしょく!』を連載開始予定だったが、1・2話掲載時点でがんを患っていることが判明し、連載中止となったことが同号で発表されていた。

   つかじさんは連載中止について、2016年4月4日のツイートで、

「運の悪いことに大腸がんを患っている事がわかりました。残念ながら早期ではなかったので長期療養が必要になり連載を止めていただきました」

と伝えていた。つかじさんにとって同作品は初の連載だった。

   連載中止後も同人誌での活動を続け、イベントや委託販売で作品を販売するなど、創作活動を続けていた。

   その傍ら、ツイッターとブログでは闘病生活について綴っていた。9月8日には主治医からの話を受け、「終わりが見えてきてしまった」「残された時間も少なくなってきたみたい」などとブログに記し、読者から心配や声援が寄せられていた。

ヤングエース「突然の訃報で未だに信じられません」

   亡くなったのは、9月12日の誕生日に「今日で27歳になりました。なんとか生きる事ができました」とツイートしてからわずか2週間後のことだった。

   「家族一同」として10月1日、つかじさんのツイッターとブログで

「つかじ俊は 平成29年9月25日に安らかに旅立ちました。 生前、作品を愛して下さいました皆様 又、お世話になりました先生、出版関係の皆様には深く感謝申し上げます。
更に、闘病に関して多くの方々から応援をいただき、励ましの言葉を掛けて下さいましたことは、どれ程本人の心の支えになっていたか、深く深く感謝と共にお礼申し上げます。
いつの日も、心の片隅に思い出として残していただけることを念じて、旅立ちの報告をさせていただきます」

と報告がされた。つかじさんの直筆イラストの写真も掲載されている。

   訃報を受けツイッター上には、

「才能のあるお若い命、とても悲しいです」
「もっと沢山のキャラクターを生み出して欲しかっただけに残念です」
「先生のかわいらしい女の子たちが好きでした...ご冥福をお祈りします」

などお悔やみの声が多く寄せられている。

   つかじさんの漫画を掲載していた『ヤングエース』も2日、公式ツイッターを更新し、

「『きょうのきゅうしょく!』の作者・つかじ俊先生がお亡くなりになりました。突然の訃報で未だに信じられません。心よりご冥福をお祈りいたします」

と哀悼の意を表している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中