独立求めるカタルーニャ州の住民投票、賛成多数 

印刷

   スペイン北東部のカタルーニャ自治州で、スペインからの同州の独立を問う住民投票の投開票が2017年10月1日行われ、独立賛成派が多数となる見通しになった。複数の海外メディアが報じた。

   バルセロナが州都のカタルーニャでは近年、独立を支持する動きが高まっている。14年にも独立の是非を問う住民投票が行われて、その際も賛成派が多数を占めた。

   同州のプッチダモン首相は数日中にも独立宣言をすることを示唆しているが、スペイン政府は住民投票には法的な効力は無く、投票自体が違法だとして対立を深めている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中