前市長逮捕の山梨市長選 民進推薦・高木晴雄氏が初当選

印刷

   望月清賢(せいき)前市長(70)の失職に伴う山梨県山梨市長選が2017年10月1日に投開票され、元県議で新人の高木晴雄氏(67)=民進、社民推薦=が、自民党推薦の元県議で新人の奥山弘昌氏(57)を破り初当選した。竹山氏は1万591票を獲得。投票率は65.0%で、前回の66.75%を下回った。

   望月氏の汚職をめぐっては、山梨市役所の新規採用試験で特定の受験者が有利になるよう虚偽の書類を作成したとして、8月7日に虚偽有印公文書作成・同行使の疑いで逮捕された。9月11日には、受験者側から現金80万円を受け取ったとして受託収賄罪などで起訴されている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中