広告3位のアサツーDK 米ベインキャピタルが買収

印刷

   米投資ファンドのベインキャピタルは2017年10月2日、広告代理店国内3位のアサツー ディ・ケイ(ADK、東京都港区)を、株式公開買い付け(TOB)で買収することを発表した。買収総額は最大約1517億円。

   ADKは海外広告大手の英WPPとの資本関係を解消し、非上場会社となることを同日付で発表している。経済ニュース「ブルームバーグ(日本語版)」2017年10月2日付記事によると、ADKは事業革新や組織改革の実行をにらみ、米ベインキャピタルによるTOBを受け入れたという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中