「小池百合子=日野富子」説 細川元首相「応仁の乱みたい」で連想強まる?

印刷

   公示間近の衆院選で台風の目となるのか、と連日その言動に注目が集まる、小池百合子・東京都知事が代表を務める新党「希望の党」について、細川護煕・元首相が、「応仁の乱みたいにぐちゃぐちゃになってきた」(毎日新聞インタビュー)と評した。

   この発言は、テレビやネットでも注目を集め、ツイッターには、応仁の乱の時代を生きた実力者、日野富子と小池知事を結びつける「つぶやき」も出ている。「応仁の乱。小池百合子は日野富子かな?」といった具合だ。

  • 「小池百合子=日野富子」なのか(2017年9月10日撮影)
    「小池百合子=日野富子」なのか(2017年9月10日撮影)

室町幕府8代将軍の正室

   細川元首相は、小池知事が1992年の参議院選挙で国政初当選した際に所属していた日本新党を結党した人物だ。毎日新聞の2017年10月3日付朝刊(東京最終版)に載ったインタビューで、希望の党について、

「(安倍政権を倒す)倒幕が始まるのかと思っていたら、応仁の乱みたいにぐちゃぐちゃになってきた」

と指摘した。このインタビュー記事はネット版でも配信された。

   翌4日放送のTBS系昼の情報番組「ひるおび!」でも、この毎日インタビュー記事を取り上げた。応仁の乱(1467~1477年)の概要や、応仁の乱と今回の政局との類似点などについて、政治学者の見解も交えてテロップまで作って紹介した。

   ツイッターでも10月3日から4日にかけ、細川元首相インタビューを目にしたとみられる人から

「応仁の乱。小池百合子は日野富子かな?」
「(細川インタビュー記事を一部引用し)日野富子?」

といった声が寄せられた。

   応仁の乱は、通説では戦国時代の始まりとも言われ、室町幕府の第8代将軍、足利義政の正室、日野富子が息子(のちの9代将軍、義尚)を将軍にしようとしたのが元凶との指摘もある(最近の研究では見直されつつある)。有力な守護大名らが東西両軍にわかれ、約11年にわたって京都を主戦場にして断続的に争いを続けた。最近では、2016年10月に刊行された『応仁の乱』(呉座勇一、中公新書)がヒットし、17年9月末現在で40万部を突破。硬派な歴史書としては異例中の異例とも言える程の売れ行きを見せ、注目を集めている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中