ノーベル文学賞にカズオ・イシグロ 日系イギリス人、「日の名残り」などの人気作家

印刷

   2017年のノーベル文学賞が10月5日夜発表され、日系イギリス人作家のカズオ・イシグロさん(62)が受賞者に選ばれた。

   イシグロさんは長崎市出身で、5歳のとき英国に移住し、現在は英国籍。1989年に発表した『日の名残り』は、英国貴族に仕えた執事を主人公とした小説で、同年のブッカー賞に輝き、アンソニー・ホプキンスさんの主演で93年に映画化もされた。

  • 代表作『日の名残り』は映画にもなった(画像はAmazonより)
    代表作『日の名残り』は映画にもなった(画像はAmazonより)

『わたしを離さないで』はドラマ化も

   他の作品に、『わたしを離さないで』(2005年)など。同作は日本のTBSで、16年に綾瀬はるかさん主演でドラマ化もされた。

   受賞理由についてスウェーデンアカデミーは、「偉大な情緒的力のある小説で、世界とつながっているという、幻覚の下にある深淵をあらわにした」としている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中