2018年 8月 19日 (日)

マツコ、「インスタ映え」にブチ切れ 「食べ物を粗末に」は「世間が制裁加えるべき」

印刷

   「かわいいインスタやったってお前はブスなんだからな!」――タレントのマツコ・デラックスさん(44)が、昨今の「インスタ映え」ブームを痛烈に批判した。

   いったい、なぜこれほどまでに激しい言葉を使ったのか。

  • 怒りをぶちまけたマツコ・デラックスさん(2016年4月撮影)
    怒りをぶちまけたマツコ・デラックスさん(2016年4月撮影)

スイーツバイキングのマナー違反

   発端は、マツコさんがMCをつとめる「マツコの知らない世界」(TBS系)の2017年10月10日放送回だ。

   この番組は、ゲストが得意ジャンルや、現在ハマっているものをマツコさんにプレゼンしていくという内容。この日のテーマの1つは「スイーツバイキング」。ゲストは、スイーツバイキングに足繁く通うという桜井正人さんだった。

   マツコさんの「暴言」は、コーナーの終盤、桜井さんの問題提起がきっかけだった。

「ケーキを残す人たちのせいで(スイーツバイキングの)価格が上昇しているんです」

   桜井さんの言い分はこうだ。バイキングで皿に盛ったケーキをインスタグラム用に撮影し、ケーキは食べずに残す人が最近増えているという。これが理由で、バイキングの料金を改定せざるをえなくなった店もあるというのだ。

   マツコさんは、こうした実態に強い憤りを覚えたようで、

「そろそろ世間が制裁を加えるべき。このインスタ映えブームに」

と警鐘を鳴らす。

   さらにヒートアップし、

「食べ物を粗末にしたりとかやりだしたら、もうあいつら...ブスにブスって言ってやる時が来ましたよ。かわいいインスタやったってお前はブスなんだから!」
「地に足つけて生きろ、ブスこの野郎」

と語気を荒げて非難した。

「私も同感」「拍手喝采だと思う」

   一連の主張に対し、ツイッター上では、

「誰もが思っていることを代表してマツコさんが声にした。拍手喝采だと思う...」
「私も同感した。食い物粗末にすんな!それが許せない」

などと共感の声が相次いでいる。

   過剰にインスタ映えを狙ったあまり、周囲からひんしゅくを買う事例は枚挙にいとまがない。2017年6月には、「インスタ映え」するとして人気のソフトクリーム店のゴミ箱に、食べ残しが大量に捨てられた画像がツイッターで拡散。複数のネットメディアに取り上げられる騒動となった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中