安倍首相や難病を揶揄? 「小学8年生」が炎上、弁明ツイッターも大炎上

印刷

   小学館の小学生向けマンガ雑誌「小学8年生」の最新号で安倍晋三首相の人物伝を掲載したところ、「一国の総理を貶めている」「難病を茶化している」と激しい批判の声が上がった。

   この騒ぎに驚いた同誌の編集長が公式ツイッターで弁明をしたのだが、火に油を注ぐ形になりツイッターは「大炎上」を続けている。

  • 「あくまで事実として紹介」(写真は「小学8年生」公式ツイッターより)
    「あくまで事実として紹介」(写真は「小学8年生」公式ツイッターより)

「じつは おなかが イタくて...」

   問題のマンガは2017年9月28日発売の「小学8年生」第4号に掲載された「まんがで読む人物伝」。子供の頃の首相が「プリーン プリンくれ~」などと叫び声を上げる描写から始まり、刑事ドラマを見て刑事になりたいという普通の少年だった、といった説明が付いた。最も問題となったのは07年7月に参院選で大敗してほどなくの話。

「突然ですが総理ヤメます」

と語り、入院しベッドに横たわっている首相が、

「じつは おなかが イタくて...」

と口にするシーンが描かれた。そのシーンの説明は、1年後に潰瘍性大腸炎という難病にかかっていたことを告白した、となっている。マンガを担当したのは藤波俊彦さんで、アメコミ風のド派手なギャグマンガタッチになっている。

   これに対しネット上で批判が殺到し、

「子持ちの主婦です。これは過度な個人攻撃であり、完全なイジメマンガです。こんなひどいもの載せて心が痛みませんか?」
「子供に教育の延長で読ませるものじゃないですよね 病気の人を軽く見てたり......それが、真実なら良いのか?それでイジメになっても構わないのか?って話にもなりますよね」
「息子に買い与えた小学8年生を見て愕然としてしまいました。 韓国の反日教育の教科書を見ているようでした」
「普通は発売しませんよ。今から回収するべきです」

などといったことがツイッターや掲示板に書き込まれた。

   同誌の齋藤慎編集長は同誌の公式ツイッターに署名入りで17年10月10日に弁明を載せた。たくさんの意見が寄せられているけれども、衆議院議員選挙とは関係がなく、解散の報道が出始めたのは9月18日ごろで、編集作業は9月14日に終えていること。難病に苦しんでいる方を揶揄する表現は一切していないし、安倍首相に病気があったことを告白したことを、あくまで事実として紹介した、とし、

「ご了承賜りますようお願い申し上げます」

と書いた。しかしこれが火に油を注ぐ形となり、公式ツイッターが「大炎上」することになってしまった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中