2018年 9月 24日 (月)

又吉イエス氏ポスターからアノ過激文句が消えた なぜ?本人に聞いた

印刷

   対立候補の名前を挙げて「腹を切って死ぬべきである」といった過激なフレーズを選挙ポスターなどで使い、独自の戦いを続けてきたことで有名な「名物候補」が、「唯一神・又吉イエス」こと、世界経済共同体党代表・又吉光雄氏(73)だ。

   2016年夏の参院選のポスターまではおなじみのフレーズが見られたが、今回の衆院選(17年10月22日投開票)のポスターではこの文言が消えた。なぜなのか。J-CASTニュース編集部が本人に聞いた。

  • 今回の又吉氏のポスター。おなじみのフレーズが消えている
    今回の又吉氏のポスター。おなじみのフレーズが消えている

対立候補名を挙げ「腹を切って死ぬべきである」

   又吉氏は「マニフェスト選挙」として知られた03年から衆院選に出馬。衆院選としては今回が6回目、国・地方合わせ通算17回目の出馬だ。恒例の東京1区から出馬している。

   又吉氏を有名にしたのが、黄色地に黒の小さい文字で大量に自らの主張が書き込まれたポスターだ。とりわけ、その中で展開されている独自の主張が目を引く。例えば12年の衆院選のポスターでは、対立候補が又吉氏らの活動を「邪魔・妨害」しているとして

「毎日5万人以上が死んでいる命を殺すものである」

と主張。男性の対立候補者4人を名指ししながら

「責任をとって、日本人であるなら腹を切って死ぬべきである」

などと罵倒。女性候補者についても「腹切り」以外は

「死ぬべきも当然である」

と同様だ。その上で、次のように候補者らを「地獄の火の中に投げ込む」、というのが、いわば「確立されたパターン」で、14年衆院選、16年参院選でも同様の主張が展開されていた。

「また、彼らはただ死んで終わるものではない。唯一神又吉イエスが地獄の火の中に投げ込むものである。彼らを支持する有権者も同様である」

   だが、今回の衆院選ポスターでは「腹を切って死ぬべき」といった表現は姿を消し、対立候補ではなく対立政党を「嘘政治・嘘政党である」と罵倒するにとどまった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中