2021年 4月 11日 (日)

高嶋ちさ子「流さないでよ、炎上するじゃん」 凍りつくリハーサル現場を放送

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

「カッコイイ!」と勘違いする女がいるから付け上がる

   実はこのリハーサル映像が流れる前に高嶋さんは、

「これ映さないでよ、流さないでよ、『炎上』するじゃん」

とあわてていたし、「炎上」する度に落ち込んでいることも明かしていた。だからなのか、19時から放送が始まる直前に、ツイッターで、

「こんなこと言うと余計みんな見ると思うけど、今夜のテレビ見ないで欲しいなあ。収録でだいぶはじけてしまったから... 反省してるから、もし見ても怒らないでね。ホントに反省してるから。 前もってごめんなさい」

とお願いし、前もって謝罪したのだが、それも空しく結局は「パワハラだ!」「モラハラだ!」などとツイッターが「炎上」することになった。もちろん、

「そんな毒舌な高島さんが好きです。見ててスッキリします!」
「反省しないでいいよ。そのままのちさ子さんを応援する人も沢山いるから」

といった応援コメントも付いてはいるが、

「反省したフリは良いのでまず言葉遣いをどうにかして下さい...。豊田真由子より酷い」
「今見てますが相当ウザいっすね!老害以外の何者でもないと思いますよ。 出来ればテレビ出ないで下さい。今後見ないので」
「暴力(怒号を含む)を肯定的に扱えてしまう方は、放送界だけでなく、クラシック音楽界からも永久に消えて頂きたい」

などといった批判が数多く書き込まれた。

   高嶋さんに対する批判は掲示板やまとめサイトでも激しさを増していて、

「こうやって自分のイライラを言葉にして平気で他人にぶつける人って何かの病気かね? 会社にもこういうババアがいる。自称、裏表が無くて自分の感情に素直な私という感じらしい。言われた相手がどう思うかとか何も考えないのか」
「こういう人って何事でも良くしたいからというより、自分の気が済むまで怒鳴りつけるよね。だから肝心の注意が入ってこない」

などが書き込まれている。また、高嶋さんが「炎上」しているのはファンも悪いという意見がある。

「こういうのを格好いいとか勘違いした女が、ちやほやするから付け上がる。 その繰り返しで治らないんだよ」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中