中東のひよこ豆食品を商品名「ハマス」で発売 ネット「大変なことになるのでは」、販売元に聞いてみたら‥

印刷

   「フムス」という中東やギリシャなどで一般的な家庭料理がある。ひよこ豆をペースト状にしたもので、パンにつけたり、サラダなどに合わせて食べる。

   そんなフムスを日本国内で発売したが、商品名「ハマス」としたため、ツイッターなどで心配する声が数多く上がったほか、販売元にも問い合わせがあり、名前の変更を検討することになったという。

  • 米国をイメージした英語風の商品名なのだが(画像はくらこんのハマスブランドサイトのキャプチャ)
    米国をイメージした英語風の商品名なのだが(画像はくらこんのハマスブランドサイトのキャプチャ)
  • 米国をイメージした英語風の商品名なのだが(画像はくらこんのハマスブランドサイトのキャプチャ)
    米国をイメージした英語風の商品名なのだが(画像はくらこんのハマスブランドサイトのキャプチャ)

米国料理としての「ハマス」

   ハマスを販売しているのは、昆布や豆の加工販売を手掛ける「くらこん(大阪府枚方市)」だ。

   ブランドサイトを見ると確かに「HUMMUS(ハマス)」となっており、商品パッケージにもハマスと表示されている。原材料はひよこ豆や植物油脂、レモン果汁、ねりごま、クミンなどで、まぎれもなくフムスだがその名前はハマスだ。

   ハマスと言えば思い浮かぶのはパレスチナ問題でイスラエルに対して武力闘争路線を取っているイスラム原理主義組織「ハマス」の日本のメディアでの呼称だ。検索エンジンで「ハマス」と入力しても、パレスチナ問題に関係したニュース記事がヒットする。

   ツイッター上でもパレスチナ問題やイスラム原理主義組織になってしまうのではないかとの声が多く上がっており、

「ハマスだと大変なことになるのでは」
「パレスチナ的にどうなの」
「商品名ハマスだったけど、フムスじゃなくて?ハマス?ホントに?」

とのツイートも見られた。

名称は再検討予定

   なぜ「くらこん」はハマスという名称にしたのか、広報担当者に話を聞いたところ、「米国のイメージや雰囲気を伝えるため」なのだという。

「米国で食べたフムスの味がとてもおいしく、その味を日本にも伝えたいと考えて開発した商品です。中東ではなく米国の味を再現しており、米国で流行している食品として販売するため、フムスではなく英語の読みに近いハマスという名前にしました」

   都内在住の米国人男性に「hummus」を読んでもらったところ、ハマスと聞こえなくもない。この男性は「マとモの中間のような発音なので、カタカナで書くとハマスかハモスにはなるのでは」と指摘する。

   くらこんの広報担当者は「日本でもハマスと表記している場合もあり、例えばクックパッドではハマスとなっている」という。検索してみると、確かにクックパッドでは「ハマスのレシピ」としてひよこ豆のペーストが表示された。

   とはいえ、やはり気になる人もいるようで、広報担当者もすでに数件「イスラム原理主義組織の名前では」との問い合わせがあったと話す。

「社内でもハマスで良いのかとの声があり、商品名の再検討を考えているところです」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中