なぜ今になって? 20年前のスーパーファミコン用ゲームソフトが発売決定

印刷

   コロンバスサークル(東京都文京区)がスーパーファミコン用の「アイアンコマンドー 鋼鉄の戦士」を発売することを、2017年9月29日、発表した。

   これを受けネット上では購入予約をした報告などが見られる。しかしなぜ今になって発売するに至ったのか。J-CASTニュース編集部が取材した。

  • 復活する「アイアンコマンドー 鋼鉄の戦士」(画像は同社ホームページより)
    復活する「アイアンコマンドー 鋼鉄の戦士」(画像は同社ホームページより)

新品のオリジナル品は25万円

   コロンバスサークルはゲーム周辺機器やビデオソフトの企画・販売などを行っており、これまでファミコン用のソフトを4本、スーパーファミコン用のソフトを1本出している。今回、「アイアンコマンドー 鋼鉄の戦士」のライセンスを取得したBlazeproテクノロジー(中国・香港)から再販の話があり、日本での販売を引き受けた。

   発売予定日は17年11月30日。3000本限定で、希望小売価格は税込6998円だ。17年10月17日現在、Amazonなどで予約受付中となっている。

   「アイアンコマンドー 鋼鉄の戦士」は、1995年に発売された横スクロールアクションゲーム。地球に落下した隕石を利用してミュータントを作り出そうとするテロリスト集団を食い止めるため、傭兵部隊の「アイアンコマンドー」が立ち上がり、敵を倒しながらゲームが進行していく。

   Amazonでは、「アイアンコマンドー 鋼鉄の戦士」のオリジナル品のソフトに中古品でも2万円超、新品には25万円という価格がついている(2017年10月17日現在)。

   ネット上では、同社が発売を発表した9月29日以降、早速予約をしたという声が多く見られたほか、

「アイアンコマンドー鋼鉄の戦士、再販されるのか!今2017だよな...なんで??」
「コレクタの中でプレミア付いてるだけで、別にこれが出ても相場は下がらんのちゃうか」
「追々に再販版ですらプレミア付いたら嫌だなぁ...」

と、様々な声が見られる。

背景に、旧作ゲームの高騰・経年劣化・ユーザーからの根強い人気

   なぜ、今になってスーパーファミコン用ソフトの「アイアンコマンドー 鋼鉄の戦士」を再販することとしたのか。その経緯について、17年10月13日、Blazeproテクノロジー代表取締役社長のベン・ホイ氏がJ-CASTニュースの取材に応じた。

   ホイ氏は、今回再販を行った理由を3つ挙げた。

   第一は、「アイアンコマンドー 鋼鉄の戦士」のような人気レトロタイトルにプレミアがついてしまったため、「10万円以上に高騰し、ユーザー達は欲しくても購入できない状態」にあること。次に、依然として「やはり昔のゲームは面白い」という声が多いということ。そして最後に、旧作の生産がすでに行われておらず、仮に旧作のソフトがあっても「経年劣化によって、一部は読み込み不能や画面がバグするなど色々修理不可能の問題が発生」していること、と述べ、そのうえで再販を決めたと述べた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中