篠沢秀夫さん、84歳で死去 「クイズダービー」視聴者からは「時代の流れ」感じる声も

印刷

   フランス文学の研究者で学習院大学名誉教授の篠沢秀夫(しのざわ・ひでお)さんが2017年10月26日未明、東京都内の病院で死去した。84歳だった。NHKなど各メディアが報じた。

   「クイズダービー」(TBS系・1976年~92年)の出演でも人気を博し、当時を知っている人からはその死を惜しむ言葉が相次いで寄せられている。

  • 篠沢秀夫さん(勉誠出版・画像はAmazonより)
    篠沢秀夫さん(勉誠出版・画像はAmazonより)

クイズダービーでお茶の間の人気集める

   篠沢さんは1933年6月6日に生まれた。東京都大田区出身で、学習院大学やパリ大学などでフランス文学を学んだ。その後、フランス文学者として学習院大学や明治大学で教鞭をとるのみならず、テレビ番組などにも出演。中でも、回答者に持ち点をベットする、競馬のような仕組みを取り入れて人気を博した「クイズダービー」に登場し、お茶の間の人気を集めた。

   2009年には難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)に罹患していることが報道され、その中でも精力的に執筆活動や講演活動を行うなどしていた。報道によれば2017年6月に肺炎になり、10月26日未明に都内の病院で亡くなったという。

「『向こう』では大橋巨泉さんとはらたいらさんが...」

   ネット上では「クイズダービー」を当時視聴していたとみられるユーザーからの哀悼の言葉が相次ぎ、

「篠沢教授亡くなられましたか... クイズダービーの名回答は見物でした。 合掌」
「今でも教授の事忘れません。それ位楽しいひと時をありがとうございました」

といった声のほか、

「だんだん昭和が遠くなる」
「クイズダービーも昔の番組になったよなぁ」

と、時代の流れを感じているコメントも多く見られた。また、

「篠沢教授、大橋巨泉さんと仲良く楽しんでくださいね... はらたいらさんとも一緒に...」
「篠沢教授が...... 『向こう』では大橋巨泉さんとはらたいらさんが1枠の席を空けて待ってるのかな」

と、クイズダービーで共演していた故大橋巨泉さん(2016年没)や故はらたいらさん(2006年没)との「再会」に思いを馳せる声もあった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中