2019年 9月 19日 (木)

中国共産党が締め出した「あの」日本メディア BBCなどと同じく入れなかったのは...

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   中国の新指導部発足後の記者会見で、習近平総書記(国家主席)は「客観的な報道を歓迎する」と述べ、一見外国メディアに友好的な姿勢を見せた。

   ただ、この記者会見からはBBCや産経新聞など中国に批判的な報道が多い海外メディアが締め出され、実際にはメディアへの敵対姿勢は健在だ。

  • 多くのメディアが記者会見から締め出された(写真は記者会見が行われた人民大会堂)
    多くのメディアが記者会見から締め出された(写真は記者会見が行われた人民大会堂)

BBC、エコノミスト、FT、ガーディアン、NYT...

   2017年10月25日に行われた中国共産党中央委員会第1回総会(1中総会)で「チャイナ・セブン」と呼ばれる習近平総書記ら党最高指導部メンバー7人が選ばれ、北京の人民大会堂で記者会見した。

   ロイター通信によると、習氏は報道陣を前に

「我々は他から賞賛される必要はない。しかし、客観的な報道や建設的な提案は歓迎したい」

と述べたが、質問を受けなかった。

   ロイター通信は記者会見に入ることができたが、締め出されたメディアも多かった。中国駐在の外国メディアでつくる駐華外国記者協会(FCCC)はツイッターに発表した声明で、BBC、エコノミスト、フィナンシャルタイムズ、ガーディアン、ニューヨーク・タイムズが会見から締め出されたとした。FCCCの声明には含まれていないが、産経新聞も10月26日の朝刊で、同社記者が会見参加を拒否されたと報じている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中