アイコスの吸い殻をテーブルに置いて帰った!飲食店は「全面禁煙」に ネットで賛否激論

印刷

   加熱式タバコ「iQOS(アイコス)」の使用済みスティックを、飲食店のテーブルに置きっ放しで帰ってもいいのか、そんな議論がヒートアップしている。

   きっかけは飲食店店主がツイッターで、そうした写真をアップし、マナー違反だとして店を全面禁煙にした、と報告したことだ。店主のツイッターには「喫煙者の立場として本当に申し訳ありません」といった謝罪が寄せられる一方で、何が問題なのか分からない、とし、「使用済みの紙おしぼりと同じ扱いでいいだろ?」という反発が起きたのだ。

  • ROSSOさんのツイッターより
    ROSSOさんのツイッターより

喫煙している立場として申し訳ない気持ちでいっぱいです

   問題のツイートはイタリア食堂を経営するROSSOさんのもの。2017年10月20日につぶやいたところ反響が大きく、25日に閲覧数が100万を超えたと報告したため、再び注目を集めることになった。

   使用済みの2本のスティックが紙おしぼりのビニールの袋の上に置かれている写真を公開し、

「灰皿くださいとも言わないでアイコス吸ってるからどうするのかと思ったらこうなってました」

とし、マナーもない人がいるため徐々に禁煙を進めていたが、これをきっかけに全面禁煙をする、と宣言した。

   ツイッターのコメント欄には、喫煙者の立場として申し訳ない気持ちでいっぱいです、とし、

「火を使ってないから構わないと思ったのか分かりませんがいくら何でも非常識です」

などと店主を気遣い、謝罪するコメントが並んだが、「何が悪いのか分からない」という意見も出るようになった。

   ツイッターや掲示板には、アイコスに関して、

「火を使ってないんだから別にいいじゃん。何が悪いんだ?おしぼりのガラも客に捨てろと言ってるのか?」
「わざわざ灰皿を汚さなくてもいいだろうという発想だったのですが、お店側からするとやっぱり気分が悪いから灰皿使えよ、って感じなのでしょうか?」
「テーブルの上に置いていくのはマナー違反だと思いますが、おしぼりのビニールの中にゴミとして入れていくのは、ギリギリオッケーの気もします」

という意見が出て大論争に発展した。

「アイコス吸ってるバカどもが死ぬほどむかつくんだよ」

   アイコスとはどのようなものなのか。

   公式ホームページの説明によれば、タバコの葉が入ったスティックを本体に挿入し、それを過熱させて吸うもので、火を使う紙巻きたばこの代用品のようなものだ。火を使わないため灰が出ず、火傷をさせる心配もなく、自治体の中には喫煙禁止場所でも使用が許可され、飲食店の禁煙スペースでも使用できるところもある。使用済みスティックは普通ゴミと同じように処理できる、と書かれている。

   今回の議論の中には、

「紙巻きたばこと異なるということ、もっと周知させるべきだ」

という意見も出た。一方で、自宅ならそのままゴミ箱に捨てているけれども、外出する際には携帯灰皿を持つべきであり、アイコスも紙巻きたばこ同様のマナーが必要だ、というアイコスの自由度を否定する意見は多く、

「アイコス吸ってるバカどもの『タバコじゃないんだし迷惑かけてないからいいだろ』感が死ぬほどむかつくんだよ」
「灰が出ないから灰皿いらないとかヤニカスはいうけど、喫煙しない人にとってはただただ汚いとしかいいようがない」

といった書き込みが掲示板に出た。これに対しては、

「なんか叩いてる方も、言ってる事がバラバラじゃね?w何が悪いのかよく分かってないけど、タバコ嫌いだからとりあえず叩いてる感じw」

などと、タバコに関することであれば容赦なく叩きつづける嫌煙家を揶揄する意見も出ている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中