香取慎吾がアート展で安倍首相を案内 自身の作品も出展

印刷

   安倍晋三首相は2017年10月30日、東京・表参道で開催中のアート展「日本財団DIVERSITY IN THE ARTS企画展『ミュージアム・オブ・トゥギャザー』」を訪れ、作品を出展している元SMAPの香取慎吾さんが案内役を務めた。

   同展は障害者の芸術文化支援を目的としており、作家22人・団体による作品などを展示。香取さんは「イソゲマダマニアウ」と「火のトリ」という5~6年前の作品を出展している。入場は無料で、開催は31日まで。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中