2019年 12月 16日 (月)

試合中の「放尿」で一発レッド! 英サッカーでまさかの「珍」事

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

元ドイツ代表GKも...

   試合中に放尿して退場というまさかの事態に、ツイッターでは数多くの海外ユーザーから、

「小便って...、マジ?」
「彼はサッカー界の伝説になったね。永遠に忘れられない」
「『イエロー』カードがより適切だったかも」
「じゃあ、彼はどうすればよかったんだ?」

などと面白がる声が続出(原文はいずれも英語、編集部訳)。また、国内ユーザーからも、「生理現象はどうしようもない」「あと5分くらい何とかならんかったのか」といった反応が出ている。

   クロコンブ選手は試合終了後にツイッターを更新。「今日の事件について、心からお詫びを申し上げます」と切り出し、

「私は非常に苦しい状態で、(チームの)勝利を台無しにする重大な判断ミスをしてしまった。誰かを傷つけるつもりもなかった。両クラブとそのサポーターに謝罪します。決してあってはならない出来事でした」

と謝罪した。

   なおサッカーの試合中に選手による放尿があったのは今回が初ではなく、2009年には元ドイツ代表GKのイェンス・レーマン選手が、チャンピオンズ・リーグの試合中に小便をしたことがある。

   そのほか、仏AFP通信社の報道(ウェブ版)によれば、17年1月にもスコットランド地域リーグの試合で、尿意を我慢できなくなったGKがゴール裏で小便をし、審判からレッドカードを受けたことがあった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中