2018年 11月 16日 (金)

急性骨髄性白血病を根治する治療法を開発 理研、がん細胞増殖役と延命役を「排除」

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   再発を繰り返して根治が難しいといわれる急性骨髄性白血病だが、理化学研究所ががん細胞の根絶につながる治療法の開発に成功した。

   がん細胞の増殖のスイッチ役と、がん細胞を死なないようにする延命役の双方を攻撃する二正面作戦だ。研究成果は医科学誌「Science Translational Medicine」(電子版)の2017年10月26日号に発表された。

  • 二正面作戦で急性骨髄性白血病を救う仕組み(理化学研究所の発表資料より)
    二正面作戦で急性骨髄性白血病を救う仕組み(理化学研究所の発表資料より)

原因がわからず、再発を繰り返す急性骨髄性白血病

   理化学研究所の発表資料によると、白血病は血液のがんで、がん化した細胞のタイプによって「骨髄性」と「リンパ球性」に分類される。リンパ球性白血病では分化するとリンパ球になるはずの細胞ががん化し、骨髄性白血病では白血球や赤血球、血小板になるはずの細胞ががん化する。急性リンパ球性白血病は子どもに多いのに対し、急性骨髄性白血病は成人に多い。再発率が高く、命を落とす人が少なくない。

   このため再発を防ぎ、根治へ導く治療法の開発が望まれているが、患者ごとに複数の異なる遺伝子異常が起こるため、どれが白血病発症に不可欠なのか、また治療の標的に何が最適なのか分かっていなかった。

   今回、研究チームは患者のがん細胞を免疫のないマウスに移植して作る「ヒト化マウス」を使って分析した。その結果、白血病細胞への変化は多くの場合、「FLT3遺伝子」が変異して起こることが分かった。FLT3遺伝子が、がん細胞増殖のスイッチの役目を果たしているわけだ。そして、「RK-20449」というタンパク質がこの遺伝子の変異を阻止することを突きとめた。つまり、「RK-20449タンパク質」ががん細胞の増殖をストップさせるわけだ。

二正面作戦が可能に

   ところが、19匹のヒト化マウスにストップ役の「RK-20449タンパク質」を投与しても、5匹ではがん細胞が死滅したが、14匹では一部が死滅せずに生き残った。何者かががん細胞を死なないようにしたのだ。そこで、がん細胞を延命させた物質を探ると、「BCL2」というタンパク質が働くためであることが分かった。今度は、「BCL2タンパク質」を働かなくする薬剤を開発、その薬剤とストップ役の「RK-20449タンパク質」を併用してマウスに投与すると、約8割のマウスでがん細胞を根絶することに成功した。がん細胞の増殖スイッチのオフと、延命役の排除という二正面作戦で根治につながる成果を得た。

   研究チームは発表資料の中で、「今回の成果は今後、特に治療が難しい急性骨髄性白血病患者を救うための新たな治療法になるものと期待できます」とコメントしている。

転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中