ファミマ、一部で24時間営業ストップ 「実験的にやめている」

印刷

   大手コンビニエンスストアのファミリーマートが、24時間営業体制を見直しの検討を始めたようだ。J-CASTニュースの2017年10月31日の取材に対して、同社は「24時間体制を実験的にやめている店舗があるのは事実」と認めた。

   広報担当者によると「さまざまな実験が行われているうちのひとつ」だという。実験を行う理由については、「詳細については差し控える」と話すにとどまった。

   ファミリーマートは10月31日現在、全国に1万8000店舗を数える。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中