2021年 3月 1日 (月)

ダルビッシュVS大リーグ幹部 WSでボール変更「ある」「いや、ない」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   米大リーグ・ワールドシリーズ(WS)で熱戦を繰り広げる両チームの選手から、「ボールへの違和感」を訴える声が上がっている。

   WS第3戦で先発するも、2回途中4失点でKOされたドジャースのダルビッシュ有(31)は、「ここにきてガラッと変わっちゃうとか本当にあり得ない」とツイッターで苦言。続けて、「試合中もおかしいと思ってました」とも打ち明けた。

  • ダルビッシュ投手(イラストはレンジャーズ時代)
    ダルビッシュ投手(イラストはレンジャーズ時代)
  • ダルビッシュ投手(イラストはレンジャーズ時代)

ホームラン数は史上最多に

   今回のWSは2017年10月31日(日本時間、以下同)までに5戦を消化。アストロズが3勝を挙げ、球団史上初の大リーグ制覇に王手をかけている。

   熱戦が続く今シリーズで注目を集めているのが、ホームランの多さだ。5試合時点で両軍あわせて22本を放っており、WSでの最多ホームラン記録を更新している。これまでの記録は、バリー・ボンズ擁するジャイアンツとエンゼルスが対戦した2002年シリーズの21本。このとき両軍は全7試合を戦った。

   今シリーズで特に印象的だったのが第5戦だ。ドジャースはカーショウ(シーズン防御率2.31)、アストロズはカイケル(同2.90)と両軍がエースを先発させたにも関わらず、試合は壮絶な乱打戦に。両軍あわせて8本のホームランが飛び出したこの試合は、13-12でアストロズが制した。

   この試合で、カイケルは4回途中4失点でKO、カーショウも5回途中6失点でKO。リリーフで登板したドジャースの前田健太も逆転ホームランを浴びるなど、これまで安定した投球を見せてきた両軍のピッチャー陣が次々と打ち込まれた。

   こうしたシリーズの中で、両軍のピッチャーからボールに「違和感」を示す声が出ている。第6戦の先発が予定されているバーランダーが、10月30日の記者会見で、

「最も不満なのは、公式戦やポストシーズンとワールドシリーズでボールが違っているように感じること。ちょっと滑るんだ。これは1人の投手が言っていることではない。皆が『おかしいぞ』と言っているんだ」(編集部訳)

と訴えたのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中