2019年 8月 18日 (日)

「インターネットが狭い」もう昔 Yahoo!ツールバー終了に感慨広がる

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   2000年代のインターネットに親しんだ人なら、「ツールバー」という言葉に懐かしさを感じるはずだ。ブラウザにインストールし、検索などを手軽にできるようにするこれらツールバーは00年代前半、各社が競って提供していた。

   その文化もしかし、過去のものになりつつある。17年10月31日、そんな中でもサービスを続けてきた「Yahoo!ツールバー」が、とうとう姿を消した。このニュースに、ネット上では感慨の声が。

  • Yahoo!公式より。ツールバーの配布もすでに終了
    Yahoo!公式より。ツールバーの配布もすでに終了

14年前は「3人に1人」が利用していた

「2002年3月のサービス開始以降、多くの皆さまにご利用いただいてきましたが、近年における急速なインターネット利用環境の変化や、ご利用状況を踏まえ、何度も検討を重ねた結果、サービスを終了させることにいたしました」

   7月にこう予告していた通り、Yahoo!は10月31日、15年にわたって展開してきたツールバーサービスを終了した。すでにGoogle Chrome版は2014年、FireFox版は15年に撤退、Internet Explorer版に絞って更新を続けてきたが、ついに幕引きに。今後はセキュリティーを含むサポートも終了するため、使い続けている人に対してはアンインストールするよう求めている。

   追加型のツールバーは、ネットの普及とともに90年代後半から勃興、00年代前半に最盛期を迎えた。当時はYahoo!などのポータルサイトのほか、「asahi.com」のようなメディアや一般企業なども競ってリリース、検索を中心に、さまざまな機能を提供した。2003年の調査では、実に33%もの回答者が「(ツールバーを)現在利用している」を選んだという。

   当時は、ウェブ上を検索するためにはポータルや検索サービスのトップページに向かわねばならず、思い立ったらすぐ検索ができるツールバーには小さくない需要があった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中