ゆきりん、不出馬明言 上位2人もぬけ一足早い18年「AKB選抜総選挙」を票読みすると

印刷

   AKB48の柏木由紀さん(26)がスポーツ紙のインタビューで、2017年に続いて18年も恒例の「選抜総選挙」に出馬しない意向を明らかにした。17年に3連覇を果たしたHKT48の指原莉乃さん(24)は、17年が最後の出馬だと明言。2位だった渡辺麻友さん(23)は17年いっぱいでグループを離れ「卒業」する。

   これまで上位の「常連」だったメンバーが続々といなくなる中、仮に開催されるとすれば、18年の総選挙に波乱はあるのか。

  • 左から指原莉乃さん、渡辺麻友さん、柏木由紀さん。3人とも2018年の選抜総選挙には出馬しない(2017年10月撮影)
    左から指原莉乃さん、渡辺麻友さん、柏木由紀さん。3人とも2018年の選抜総選挙には出馬しない(2017年10月撮影)
  • 2018年の顔ぶれはどうなる?(2017年6月撮影)
    2018年の顔ぶれはどうなる?(2017年6月撮影)

松井珠理奈&宮脇咲良の一騎打ちか

   柏木さんは15年の総選挙で自己最高の2位にランクイン。16年は5位まで順位を落とし、17年は不出馬だった。柏木さんは11月5日にスポーツニッポンに掲載されたインタビューで、18年についても

「出ないです。意味がないから。私に、というか、AKBに意味がない」

と不出馬を明言。その理由を

「今、AKBは『次世代』と言っているのに私が『これが絶対に最後なので、お願いだから入れてください』と言って上位争いをしたら『え、結局?』みたいになっちゃう」

などと話し、若手メンバーに活躍の場を与えたい考えだ。一方、グループ卒業については、自分以外のAKBメンバーが音楽番組に出演しているのをテレビで見て

「『私も出たかった』と思いました」

と明かした。こういった感情を持っているうちは「やめないでしょうね」とした。

   17年の上位2人が不参加になったことで、次に焦点が当たるのが3位と4位だったSKE48の松井珠理奈さん(20)とHKT48の宮脇咲良さん(19)だ。それぞれ得票数は11万3615票と8万2803票で若干の差があり、2人が17年時点での人気を維持するとすれば、松井さんが優勢だと言えそうだ。

「指原票」「渡辺票」どうなる

   「指原票」「渡辺票」の動向も情勢に影響を及ぼしそうだ。それぞれ24万6376票と14万9132票。2人のファンが18年には誰にも投票しなくなる可能性もあるが、仮に2人が自らの所属グループメンバーに投票を呼びかけることがあれば、宮脇さんに有利に働きそうだ。ただ、宮脇さんと同じHKT48に所属し、16年は9位で17年は不出馬だった兒玉遥さん(21)が出馬すれば、宮脇さんと票を分け合うことになりそうだ。AKBで渡辺さんの次に得票が多かったのは7位の横山由依さん(24)。「渡辺票」の後押しでランクアップできるか注目されそうだ。

   16年4位で17年は不出馬だったNMB48の山本彩さん(24)は、まだ出馬について態度を明らかにしていない。仮に出馬すれば再び上位にランクインする可能性が高く、17年にNMBからランクインした12位の白間美瑠さん(20)や16位の吉田朱里さん(21)らが影響を受けそうだ。

   17年に5位だったNGT48の荻野由佳さん(18)は、12月6日発売の新曲「世界はどこまで青空なのか?」でセンターポジションを務める。18年も勢いを維持できるかが焦点だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中