2019年 9月 23日 (月)

ボールが胸に当たった衝撃で昏倒 命の危険もある「心臓振とう」の怖さ

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

万一の場合はAED使用を急げ

   心臓振とうを防ぐ対策としては、防具の使用がある。野球・ソフトボールの場合は製品安全協会が2007年に「胸部保護パッド」の安全性品質基準をつくり、それにのっとった商品が販売されている。空手やボクシングといった打撃技が多い格闘技用にも、胸部を守るための子ども向けプロテクターがある。

   万一、胸を打った子どもが急に倒れるなど異常が見られたら、自動体外式除細動器(AED)の使用を急ぎたい。前出の石井氏も、過去に研修でAEDの使い方を学んだと話した。JFAのサイトには、2015年にフットサルの試合で、相手がシュートしたボールが胸に当たり、心臓振とうを起こした選手が、AEDによる救命措置で一命を取り留めた事例が紹介されている。

姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中