高須院長「処刑されるくらいなら自決する」 米ユダヤ人権団体に猛反発

印刷

   美容外科・高須クリニックの高須克弥院長が、所属する米国美容外科学会(AACS)から「追放」された――米国のユダヤ人人権団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター(SWC)」が、そんな情報を公式サイトに掲載した。だが、当の高須氏はこの事実を強く否定した。

   高須氏はさらに「気分がわるいので『いま退会する』とAACSに今メールした」と、自ら学会を去ることにした旨も報告。一体何が起きているのか。高須氏はJ-CASTニュースの取材に「処刑されるくらいなら自決する。これは美学です」と一連の経緯を明かす。

  • 高須克弥氏のツイッター
    高須克弥氏のツイッター

「変だな?僕にはいまだに何の連絡もない」

   SWCが2017年11月8日に公開した記事には、「AACSが学会最重要メンバーの1人である高須克弥医師を追放したことを、SWCは称賛する。彼はソーシャルメディアを使い、公然とアドルフ・ヒトラーを賛美し、ホロコースト(ユダヤ人大虐殺)と南京大虐殺を否定していた」と書かれている。

   高須氏はかつてツイッターで、「南京もアウシュビッツも捏造だと思う」(15年10月19日)、「我が国の医学は大東亜戦争に負けるまではドイツ医学だった。ナチス政権下のドイツ医学の発展は目覚ましいものだった」(同3日)と投稿。SWCの記事にはこれらの投稿のスクリーンショットも掲載され、「SWCはAACSに対し、早期に高須氏への措置をとるよう迫っていた」とも書いている。

   上記のような発言は以前からネット上で議論になっていた。高須氏は「ヒトラーなど崇拝するか(怒)」(16年11月6日)、「ナチスのイデオロギーは好きではありません」(17年8月21日)などとする一方で、「全てを疑い真実を追及するのが科学です」(17年8月30日)ともツイートしていた。

   高須氏は同記事の存在を知ると17年11月9日、「変だな?僕にはいまだに何の連絡もない」とツイート。「今年の会費は請求どおり払ったし アメリカ美容外科学会の長老はみな親友ばかりなんだが。おかしい」と訴えた。

   その後「追放されたというのは誤報だ」とし、「本人が知らない追放なんかあるか 気分がわるいので『いま退会する』とAACSに今メールした。やめた会員はもう追放できまい。これで面子つぶれたSWC」と自ら学会を去る旨を投稿した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中