武豊、落馬負傷の次は「キス」写真 妻・佐野量子が入れたムチとは

印刷

   競馬GI・エリザベス女王杯を直前に控え、武豊騎手(48)が連続して「痛い目」に見舞われた。

   調教中に落馬し、週末の騎乗を見送ることになったほか、写真週刊誌「FRIDAY」に20代女性タレントとの「抱き寄せ、熱いキス」(同誌)写真が掲載されたのだ。妻で元タレントの佐野量子さん(49)からは「きつく怒りすぎた」くらいに怒られたそうだ。

  • 「キス」写真が公開された武豊騎手(画像はJRAの公式ホームページより)
    「キス」写真が公開された武豊騎手(画像はJRAの公式ホームページより)

膝の靭帯痛め「今週末の騎乗を自重」

   武騎手は、2017年11月12日出走予定のG1・エリザベス女王杯で、優勝候補の一角、スマートレイアーに騎乗予定だった(11日のGII戦にも)。しかし、8日の坂路の調教中に落馬し、膝の靭帯を痛めたと9日の自身のブログで報告。「今週末の騎乗を自重する決断」をし、ファンらに「お詫び」した。文末では「今週はひたすら静養に努めます」と宣言していたが、そうはいかなかったようだ。

   なぜなら、翌10日発売(首都圏)の「FRIDAY」(11月24日号)が、「武豊 『美人競馬キャスターを抱き寄せ、熱いキス!』」の見出しで、タレントの小浦愛さん(26)とのツーショット写真を公開したからだ。10月後半の深夜の京都市でのことだとし、メインの写真を見ると、2人はキスとは断言できないまでも、少なくとも頬を寄せ合っているようには見える。

   同誌は武騎手を京都市の自宅で直撃。本人は、当時酔っていて、キスは覚えていないが「ハグはある」としつつ、特別な感情や不倫関係は否定した。自宅から妻の量子さんも出てきて、どういう訳か、夫婦2人の写真を撮ってくれとカメラマンに求め、実際、誌面にも武騎手にもたれかかりながら右手でピースサインをする量子さんの写真も載っている。

「軽率だったんじゃない?という話はありました」

   また、同じ10日放送の情報番組「グッド!モーニング」(テレビ朝日系)は、武騎手らが9日夕に自宅前でマスコミ取材に応じた様子を放送。武騎手は記者らの質問に答え、

「キスはしてないって。だから」
「こういうやつでしょ(と両頬を前方の人につけるような仕草)、フランス式の。僕、よくやりますよ。別れ際とか、男同士でも普通にするし」

と、キスは否定。量子さんに説明したところ、

「軽率だったんじゃない?という話はありました」

という。表情は笑顔といえば笑顔だが、若干、余裕がなさそうにも見える。 量子さんもカメラの前に出てきて取材に応じ、

「やはりショックでイヤでしたが、主人が『写真は見ないで欲しい』というので、見ないと約束しました」
「きつく怒りすぎたかな、というくらいに、きちっと怒ってしまいました」
「(怒られた夫は)小さくなって謝っておりました(笑)」
「ですので、私もそれで『分かりました』と解決しました」

と、穏やかな表情で質問に答えていた。

   番組では、小浦さんが事務所を通じてマスコミに公表した、

「奥様には大変ご不快な思いをさせ、心からお詫び申し上げます」

とするコメントも紹介した。

   スタジオ陣では、スポーツコメンテーターの川合俊一さんが、

「夫婦間で話が済んでいれば、とやかく言う話ではないけど、奥さんは神対応だね。これで奥さんの株上がった」

と感心していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中