2018年 9月 20日 (木)

ビンラディン氏、「ゲーマー」だった!? 遺品からマリオ、NARUTO...テロリストとの対戦ゲームも

印刷

   「オサマ・ビンラディンはゲーマーだった?」(米ニューズウィーク(ウェブ版)、2017年11月2日付)――こんなニュースが、このところ海外メディアをにぎわせている。

   「アルカイダ」の指導者として、2001年の米同時多発テロ事件などを引き起こしたとされるビンラディン氏が楽しんだ(?)のは、いったいどんなゲームだったのか?

  • 米政府が公開しているビンラディン氏の「遺品」についてのページ
    米政府が公開しているビンラディン氏の「遺品」についてのページ
  • ビンラディン氏が潜伏していたパキスタンのアジト(米政府作成)
    ビンラディン氏が潜伏していたパキスタンのアジト(米政府作成)

ニンテンドーDSの違法コピーソフトが...

   ビンラディン氏は2011年5月2日、パキスタンの地方都市に潜伏していたところを米特殊部隊の攻撃を受け、死亡した。その死後、そのアジトだった邸宅の捜索が行われ、遺品のハードディスク(HDD)などが押収された。その内容はこれまでにも断片的に公表されていたが、17年11月1日、CIAは公式サイトなどで、約47万ファイルのリストを発表した。

   現在サイトからはこのリストを閲覧できないが、海外メディアでは一斉に、その中身が話題となった。映画などに加え、多くのゲームデータが含まれていたからだ。

   海外メディアの報道によれば、以下のようなタイトルがビンラディン氏のHDDには残っていたという。

「New スーパーマリオブラザーズ」(2006年)
「マリオ&ルイージRPG2」(2005年)
「メトロイドプライム ハンターズ」(2006年)
「グランド・セフト・オート・チャイナタウンウォーズ」(2009年)

   このほか、日本の漫画「NARUTO」や「BLEACH」のゲーム版なども。上記はいずれもニンテンドーDS用ソフトだが、正規版ではなく、いわゆる「エミュレーター」を使って遊ぶための違法コピー品だったとされる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中