東女ミスコン、結果は「SNSでの公表厳禁」 「意味不明」「散々宣伝しておいて」

印刷

   東京女子大学(杉並区)の学園祭実行委員会が、会場で発表したミスコンテスト企画の結果をSNSで呟くことを「禁止」とする対応を取ったことに、違和感を示すネットユーザーが出ている。

   同大のミスコン企画では、ファイナリストに選ばれた5人がツイッターアカウントを開設。約3か月にわたって、投票を呼び掛ける投稿を続けていた。それだけに、今回の運営側の対応には、「意味不明」「だったらネットで公開すんな」との指摘が寄せられている。

  • 東京女子大学のチャペル(wikimedea commonsより、sgicoさん撮影)
    東京女子大学のチャペル(wikimedea commonsより、sgicoさん撮影)

「順位を想像できるようなツイートもお控えください」

   東京女子大のミスコンは2017年11月12日、学園祭の特設ステージ上で結果が発表された。公式サイトや実行委員会のツイッター上では、ミスコンの結果がどうなったかは一切伝えられていない。

   こうした中で、学園祭の実行委員会の公式ツイッターは12日夕、

「(ミスコンの)結果をSNSで公表、投稿することは禁止されています。順位を想像できるようなツイートもお控えください。ツイートを見つけた際は、消していただくようお願いしております」

と告知。あわせて、「大学との決まりですので、守っていただけるようお願い致します」とも訴えた。

   実際、実行委員会のアカウントが、ミスコンの結果を投稿したユーザーに「削除」を促すリプライ(返信)を送っていることも確認できる。どうやら、ツイッターの検索機能でミスコンの結果を呟くユーザーを探し、個別に対応を取っているようだ。

   だが、運営側がこうした姿勢を見せたことに、ネット上では違和感を示すユーザーが出ることに。なぜなら、東京女子大のミスコン企画では、運営側や候補者がSNSを積極的に活用して投票を促してきたからだ。

   ミスコン企画のファイナリスト5人が発表されたのは8月11日。あわせて、5人のミスコン用ツイッターアカウントが開設された。そのため各候補者は、ツイッター上でファンと交流したり、自分への投票を促したりするツイートを繰り返していた。

   なお、投票は学園祭の会場で購入できるパンフレット(1部100円、購入は1人10部まで)に同封された投票券もしくは、会場の教室で上映されたミスコンのPVを鑑賞することで投票できたという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中