2018年 7月 20日 (金)

平野ノラ「マンモスうれP~!」 熊本県警が選んだ交通情報板年間大賞に、でもナゼ?

印刷

   熊本県警は、時事ネタを使った「交通情報板」のメッセージのうち、2017年の年間大賞を決めた。

   それは、お笑いタレントの平野ノラさん(39)が使うお馴染みのネタだった。

  • 熊本県警のツイート
    熊本県警のツイート
  • 平野ノラが喜びの報告
    平野ノラが喜びの報告

「歩行者 とびだし おったまげ」が大賞に

   県警では、2013年から道路上で電光掲示される「交通情報板」に時事ネタを使っている。そのメッセージは、「運転中眠気 いつ休む? 今でしょ!」「安全運転 ウィズ B(ベルト)」といったものだ。

   TBS系で2017年11月12日昼に放送されたバラエティ番組「アッコにおまかせ!」では、メッセージを「流行語な電光掲示板」と名付け、そのいくつかを紹介した。そして、ノミネートが発表された流行語大賞に先んじるとして、メッセージの年間大賞を県警交通企画課の担当警部に決めてもらった。

   その結果、年間大賞に選ばれたのが、次のメッセージだ。

「歩行者 とびだし おったまげ」

   平野ノラさんのネタは、17年はほかにも交通情報板に使われている。「しもしもー 運転中の 携帯NG」はその1つで、平野さんは11月11日、夜間の路上で電光掲示されたこのメッセージの写真をインスタグラムに投稿した。そして、「安全運転だゾ‼」と呼びかけている。

熊本県警も平野ツイートに「マンモスうれP~」

   「おったまげ」のメッセージが年間大賞に選ばれると、平野ノラさんはこの日のうちに、自らのツイッターで喜びの報告をした。

「ぶっ飛びーーー!!!!! 年間大賞マンモスうれP~! 引き続き皆んなで交通安全 レッツバブリー!」

   ファンから、バブル期にはやったタレントの酒井法子さん(46)の口癖をもとに、「マンモスうれP~ですね」とツイッター上で聞かれて反応した。

   これに対し、熊本県警も11月13日、公式ツイッター上で、担当警部が「ありがたいことに、またノラさん御本人からコメントをいただきました!」と報告して、「マンモスうれP~」と返していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中