2020年 11月 30日 (月)

衝突死した「オジロワシ」山積み写真 風力発電とバードストライク

iDeCo、NISA~不動産投資まで、あなたにあったセミナーが見つかる!

   風力発電施設の風車に衝突して死んだオジロワシが入れられているという袋が山積みになった写真が、北海道釧路市内にある猛禽類医学研究所の公式ツイッターに投稿され、驚きの声が広がっている。

   袋は透明で研究室の床に10以上も積み上げられ、中には、立派な羽が見えているのもある。

  • オジロワシ(Tokumi Ohsakaさん撮影、Wikimedia Commonsから)
    オジロワシ(Tokumi Ohsakaさん撮影、Wikimedia Commonsから)
  • 話題になったツイート
    話題になったツイート
  • オジロワシ(Tokumi Ohsakaさん撮影、Wikimedia Commonsから)
  • 話題になったツイート

冷凍保存してきた20個体を研究で一時的に取り出す

   この写真は、研究所の齊藤慶輔代表・獣医師名の公式ツイッターで2017年11月14日にアップされた。研究所は、環境省の委託を受けてワシの救護活動などを行っており、このツイートで「温室効果ガスを出さない発電方法として、エコの代名詞的に取り上げられることもある風力発電。その裏で絶滅の危機に瀕した猛禽類が次々と死んでいる現実を直視しなければ、野生動物との共生は永遠に実現しない」と訴えている。

   オジロワシは、国の天然記念物に指定されており、絶滅が危惧されている。ツイートは、15日夕現在で、2万件以上もリツイートされており、「知らなかった。ショック」「只々心が痛い」「ECOと自然動物保護、、考えさせられる、、」といった声が次々に書き込まれている。

   猛禽類医学研究所の渡邊有希子副代表・獣医師は15日、J-CASTニュースの取材に対し、次のように説明した。

「2004年ごろから、北海道でも風が強い道北の日本海側に風力発電施設が次々に建設されており、そのころから衝突死した個体を冷凍庫に保存しています。概ね40個体ぐらいがあり、今回は、そのうち20個体の羽を採取して研究するため一時的に出したものです」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中