ダ・ヴィンチのキリスト画 落札価格500億円超え

印刷

   イタリアの芸術家レオナルド・ダ・ヴィンチによるキリスト画「サルバトール・ムンディ」が2017年11月15日、米ニューヨークのオークションハウス「クリスティーズ」で競売にかけられ、4億5030万ドル(約506億円)で落札された。芸術品としては最高落札額となり、それまでの記録だったピカソの「アルジェの女たち(バージョン0)」の約1億7936万ドル(約200億円)を大きく上回った。

   クリスティーズはウェブサイト上で、現存するダ・ヴィンチの絵は20作品以下であり、「サルバトール・ムンディ」が唯一の個人所有のものであるといった極めて高い希少性が反映されている、と解説している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中