鶴ひろみさん、死因は激痛伴う急病 それでもハザードを点け...声優仲間「鶴さんらしいなと」

印刷

   声優の鶴ひろみさんが「運転中に大動脈剥(解)離」のため2017年11月16日に死去した、と所属事務所が17日午後に公表した。57歳だった。17日午前から日本テレビなどが、鶴さんは16日夜、首都高速道路に停車した車内で発見され、搬送された病院で死亡が確認された、と報じていた。

   鶴さんの訃報を受け、声優仲間やファンらが追悼のコメントを寄せている。

  • 青二プロダクションから送られてきたファックス(画像は編集部で一部加工)
    青二プロダクションから送られてきたファックス(画像は編集部で一部加工)

通夜や告別式は親族のみで

   鶴さんは、アニメの「ドラゴンボール」(フジテレビ系)のブルマや、「それいけ!アンパンマン」(日本テレビ系)のドキンちゃんの声で知られる。

   日本テレビの17日朝の報道によると、東京・中央区の首都高都心環状線でハザードをつけたまま停車している車が見つかり、鶴さんが運転席で意識不明の状態で座っており、病院に運ばれたが、死亡が確認された。事故の形跡はなく、病死の可能性があるとみて調べを進めていた。

   そして17日午後、鶴さんの所属事務所、青二プロダクションが、「(鶴さんは)11月16日19時半頃 運転中に大動脈剥離の為、永眠いたしました」と公表した。通夜や告別式は親族のみで執り行うとしている。

   鶴さんの死去を受け、17日の情報番組「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)では、「それいけ!アンパンマン」のばいきんまん役の中尾隆聖さんや、バタコさん役の佐久間レイさんら声優仲間の追悼コメントをボードで紹介し、アナウンサーが読み上げた。

   中尾さんは「あまりにも急なことで、とてもショックを受けております。30年間も一緒にやらせていただいたドキンちゃん。こんなことになるなんて、言葉が見つかりません」とコメント。

「医師の話では、この世で一番の激痛だといいます」

   佐久間さんは「さりげなく、温かく、どこまでもまっすぐな人。それが私の中の鶴ひろみさんです。ハザードをつけていたと伺った時、鶴さんらしいなと思いました。どんな状況でも最後までキッチリと、周りの迷惑を最小限に...。そんな想いがあったのではないでしょうか。(略)バタコはいつまでも、そんなドキンちゃんが大好きです。これからもみんなずっと一緒だよ」と故人を偲んだ。

   過去の交通事故の中には、運転中に運転手が大動脈解離を起こし、意識を失ったり突然死したりして、車が暴走した例もある。2016年2月には大阪・阪急梅田駅前で車が暴走して11人が死傷(2人が死亡)、のちに運転手の死因が大動脈解離を起こしたためと判明した。当時、各メディアが伝えた。16年2月29日放送の情報番組「とくダネ!」(フジテレビ系)では、この梅田の事故を伝える際、大動脈解離について、山中章子アナが「医師の話では、この世で一番の激痛だといいます」と紹介していた。

   こうした背景もあってか、17日のツイートの中には、鶴さんの死去の状況について、

「多くの症例で激痛を覚える病気。ハザードをそれでも点灯して、減速停車していた、という状況に本当に涙が出ます」

といった反応も出ていた。「ご冥福を」「安らかにお眠りください」との追悼コメントも多く寄せられている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中