日産自動車が無資格検査問題で報告書 西川社長あらためて陳謝

印刷

   日産自動車は2017年11月17日、無資格者による検査問題を巡り実態調査や再発防止策をまとめた報告書を国土交通省に提出した。各メディアが報じた。

   報告書では、無資格検査は、1979年から行われていたとの証言があるとし、これまで多くの工場で常態化していた。国に代わって行う検査の重大性の認識が欠如していた、などとしている。

   記者会見した西川広人社長は「改めて深くおわび申し上げる。信頼を回復に取り組みたい」と陳謝した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中