スシローは何故スイーツを作るのか 「本気すぎる」アップルパイの背景

印刷

   回転寿司チェーンのあきんどスシローは2017年11月15日から、日本全国のスシロー全店舗(478店舗・20日現在)で、アップルパイを販売している。完売するまでの期間限定だ。

   スイーツ分野に力を入れて取り組んでいることから、同社は「スシローカフェ部」を発足しており、今回のアップルパイはその第1弾企画となる。回転寿司チェーンでありながらスイーツへ注力するのはなぜなのだろうか。J-CASTニュースが取材した。

  • スシローがアップルパイを発売(画像はプレスリリースより)
    スシローがアップルパイを発売(画像はプレスリリースより)

「スシローでグラニースミスのアップルパイが食べられるなんて!」

   スシローの店舗では、温かいアップルパイに冷たいアイスクリームとキャラメルソースを添えて提供される。1個税抜280円(南池袋店・五反田店は価格が異なる)で、持ち帰りは不可。またアイスが乗っていることもあり、回転寿司としてベルトの上に乗せられてはおらず、食べる際には注文をする必要がある。食べ応えのある大きなリンゴと上品な甘さが特徴だという。

   スシローのアップルパイは、カフェや外食店舗の事業を行うファンゴー(東京都世田谷区)が運営する「GRANNY SMITH APPLE PIE & COFFEE」が監修。アップルパイとコーヒーの専門店として知られ、17年11月現在、三宿、青山、横浜、銀座の4店舗を構える人気店だ。

   ネット上では、

「スシローでグラニースミスのアップルパイが食べられるなんて! なんてことでしょう!」
「スシローのアップルパイめっちゃ食べたいんやけど」
「100円だか200円だかちょいでグラニースミスのアップルパイが頂けると...!?」

と好意的な様子だ。また、すでに食べたとみられる人からは「スシローのアップルパイ、激ウマです」「絶対食べたほうがいい...痩せる気なくなる...」など感想も寄せられている。

「シメのデザートまでおいしく」

   今回販売されているアップルパイについて、開発などを担当するスシローカフェ部の担当者はJ-CASTニュースの17日の取材に対し、

「おすしを食べた後でもおいしく召し上がっていただく為に、味やトッピング、その量などを総合的に開発しています」

と語る。完成まで十数回の試作を重ねたという。

   これまでもスシローはパンケーキやフレンチトーストなどを提供し、スイーツ分野に力を入れてきた。今回のアップルパイの開発のタイミングに合わせ、社内で「スシローカフェ部」を発足させるなど、スイーツ分野の強化を打ち出している。「スシローカフェ部」は、スイーツに注力すべく商品本部から分離したという。

   ただ、回転寿司チェーン店でありながら、スイーツ分野に力を入れるのはなぜなのだろうか。同担当者は、

「スシローに来て下さったお客様におすしだけではなく、シメのデザートまでおいしく召し上がっていただきたいと思い、スイーツ分野に力を入れています」

と語る。20日現在もアップルパイは販売されているといい、第2弾の企画については「ただいま季節限定商品などを含め、開発中です」と述べた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中