マツコ、白鵬の万歳に理解 「お客さんにはすごいサービスだった」

印刷

   大相撲の横綱・白鵬が九州場所の千秋楽でみせた「万歳」が物議を呼ぶなか、タレントのマツコ・デラックスさんは「そんなに間違いではなかったのかなとは思う」との見解を示した。

   この「万歳」をめぐっては、相撲関係者やファン、ワイドショーのコメンテーターなどからも批判が噴出する事態となっている。

  • マツコ・デラックスさん(2016年4月撮影)
    マツコ・デラックスさん(2016年4月撮影)

「そんなに間違いではなかったのかな」

   2017年11月26日の千秋楽で40回目の幕内最高優勝の記録を更新した白鵬関は、優勝インタビューで横綱・日馬富士の暴行問題について謝罪し、日馬富士関と貴ノ岩関を再び土俵にあげたいと抱負を語った。そして最後は、白鵬関主導の万歳三唱で締めくくった。

   マツコさんは翌27日放送の情報番組「5時に夢中!」(TOKYO MX)で、「あの場で適切だったかどうかは別にして」と前置きしたうえで、来場客に関していえば

「(騒動を)あの場に持ち込まれるよりは、あっけらかんと万歳三唱してくれたほうが、少なくともあの場にいるお客さんに対してはすごいサービスだった気がすんだよね」

と意見を述べた。

「それなりの対応をしなきゃいけなかったって意見もわかるけど、少なくともあの場にいたお客さんに関して言えば、あの締め方っていうのはそんなに間違いではなかったのかなとは思う」

と一定の理解を示した。

   株式トレーダーの若林史江さんもこれに同意し、

「心が離れていたり、ちんちんばらばらだったり、不安を抱えながら見に来ていた人もいたでしょうから、そういう意味では士気を高める行動としてはすごく効果的だったし、お客さんは喜んだんじゃないかなと思いますね」

とコメントした。

「いい意味でも悪い意味でも、本当に変わった人」

   また、騒動をめぐる連日の報道については、白鵬関の事情聴取と警察の発表を静観すべきとした。「憶測を拡げてしまえば、各々すべてが傷つく」と若林さんは懸念した。

   さらに、マツコさんはこれまで沈黙を貫いてきた貴乃花親方について、「いい意味でも悪い意味でも、本当に変わった人」だとコメントした。行動が戦略的だとする向きがあるが、「あそこまでの行動は取らない気がする」と推測し、

「ものすごい信念の下にやられているんだろうけど、もうちょっと上手いやり方すればいいのに。逆に信念を貫きすぎたことによって、本当にこうしたいっていう志みたいなものが叶わぬまま、何らかの生命が断たれてしまったらもったいないと思うし、もうちょっと上手くやれたんじゃないかなって思う」

と語った。

   「でも上手くやれる人なら、ショールとサングラスは脱ぐよね」と若林さんが指摘すると、「そこはなんにも他意がないんだと思う」とマツコさん。

「これを付けていたら印象が悪いとか、こういう行動を取っていたら上手くいかないっていうのは全部なしにして、己の信念だけで行動しちゃう人なんだろうなって。それはいい意味でも悪い意味でもすごいなって」

と分析した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中