2018年 8月 21日 (火)

ももクロ百田、ダンゴムシになる 未来館の企画展で「衝撃体験」

印刷

   昆虫や動物に「なってみる」ことがコンセプトの企画展の応援団に、ももいろクローバーZが就任し、2017年11月28日、展示会場の日本科学未来館(東京都江東区)で記者発表会が開かれた。

   メンバー5人は、子ども向け番組「ぐーちょきぱーてぃー」内の名義「ももくろちゃんZ」として登場し、着ぐるみを着てダンゴムシとアリの立場を体験。ダンゴムシ役の百田夏菜子さん(23)は、アリ役から棒でつつかれ、「『えっ、なんで丸まっちゃうの』って思ってたけど、怖いからだったんだ」と、思わずダンゴムシに感情移入した様子だった。玉井詩織さん(22)は、スカンクのおならの臭いを体験できるコーナーが「一番衝撃」だったといい、嫌がる百田さんに「後々、絶対かがせようと思ってます」と話していた。

  • 応援団の「ももくろちゃんZ」こと「ももいろクローバーZ」。着ぐるみを着てアリとダンゴムシの役割を体験した
    応援団の「ももくろちゃんZ」こと「ももいろクローバーZ」。着ぐるみを着てアリとダンゴムシの役割を体験した
  • 恐竜が会場内を歩き回るショー「DINO-A-LIVE」も行われる
    恐竜が会場内を歩き回るショー「DINO-A-LIVE」も行われる

生き物を観察するだけでなく「なってみる」

   未来館で11月29日に開幕するのは、企画展「MOVE 生きものになれる展 ~動く図鑑の世界にとびこもう!~」。動画付き図鑑「動く図鑑MOVE」(講談社)の世界観をモチーフに、生き物を単に観察するだけでなく、実際に「なってみる」ことで、その特徴を学べるようになっている。

   メンバーは、ジャングルをテーマにしたエリアで、水の上を走る爬虫(はちゅう)類の「バシリスク」の生態をモチーフにした展示「バシリスクになって水の上を走れ!」や、自分が映った画面を前にダンスを踊って動物の求愛行動を学べる「ももくろちゃんZと!LOVEダンスゲーム」を体験した。ダンゴムシが丸くなって身を守る仕組みを学べる「鎧(よろい)をつけてダンゴムシになろう」のコーナーにちなんで、ステージ上ではダンゴムシとアリの着ぐるみも着用。ダンゴムシの着ぐるみを着た百田さんは、アリ役の佐々木彩夏さん(21)から棒でつつかれて丸くなり、

「小さいとき、ダンゴムシってつんつんってやると、すぐに丸まって『えっ、なんで丸まっちゃうの』って思ってたけど、『あ、怖いからだったんだ』って今日思いましたね」

としみじみ話した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中