2018年 7月 23日 (月)

日馬富士会見、貴ノ岩に直接謝罪なしはナゼ 「こんなに大きくなっているとは知りませんでした」

印刷

   大相撲の横綱・日馬富士が暴行事件の責任を取る形で引退を表明したが、その会見の場で、「被害者」である平幕・貴ノ岩に対して明確に直接の謝罪をすることはなかった。

   「お詫び」「申し訳ない」といった言葉はあったが、その相手は「国民」「伊勢ヶ浜部屋の後援会」「親方・おかみさん」「力士の仲間たち」などだった。

  • 横綱・日馬富士が会見で引退を表明した(画像は日本相撲協会の公式HPから)
    横綱・日馬富士が会見で引退を表明した(画像は日本相撲協会の公式HPから)

「弟弟子を思って叱った」

   日馬富士は2017年11月29日に福岡で会見を開き、「この度、貴ノ岩関にケガを負わせたことに対し、横綱としての責任を感じ、本日をもって引退をさせていただきます」と表明。続く「謝罪」の言葉はこうだった。

「国民の皆さま、相撲ファンの皆さま、相撲協会、伊勢ヶ浜部屋の後援会の皆さま、親方・おかみさんに、大変迷惑をかけたこと、心から深くお詫び申し上げます」

   報道陣からの質疑応答の中では、「この場を通じて、一緒に戦ってきた力士の仲間たちに本当に申し訳ないと伝えたいです」と、広く「力士の仲間たち」に謝罪。

   「一連の事件で何があったのか?」と聞かれると、

「先輩横綱として、弟弟子の礼儀礼節がなっていないのを正し、直し、教えてあげるのが先輩としての義務だと思っています。弟弟子を思って叱ったことが、彼を傷つけ、そして大変世間を騒がせ、相撲ファン、相撲協会、後援会の皆さまに大変迷惑をかけることになってしまいました」

と、相手を思ってのことだったとしている。

   直球で「いま、貴ノ岩関に思うことは?」と質問が出ると、日馬富士は「貴ノ岩関にケガを負わせて、心もたぶん傷付けていると思います」としたが、続けて

「これから、礼儀と礼節を忘れず、ちゃんとした生き方をして頑張っていただきたいです」

と助言するのみで謝罪の言葉はなかった。

「こうやって新聞に出ることもその時は分からなかった」

   日馬富士は、「起こしてしまったことの重大さをどう認識しているか?」との問いにも

「今回のことは、彼のためになると、僕は正しいことをしている気持ちが強すぎると、行きすぎることがあるんだなと思いました。本当に、それだけです」

と「反省」の弁。ここでも貴ノ岩への直接の謝罪はなかった。

   暴行が10月25日深夜の酒席で起きたと報じられたのは、九州場所3日目の11月14日。日馬富士は前日の2日目まで出場している。この時の土俵上での心境を問われると、こう答えていた。

「普通に相撲に集中して頑張っていました。こうやって新聞に出ることもその時は分からなかったので。(10月)26日に彼が僕のところに謝りにきて、その時に、『叱ってくれる人がいることに感謝しろよ、気を付けて頑張れよ』と言って握手をして別れたわけですから。そのことがこんなに大きくなっているとは知りませんでした」

   結局、最後まで貴ノ岩への明確な謝罪の言葉はなかった。ツイッター上では

「各方面の人たちに詫びてたけど、貴ノ岩には詫びてないね」
「貴ノ岩に対しての謝罪がなかったのは引退するのと同じくらい残念」
「会見見たけど、貴ノ岩への謝罪はなかった......よっぽど貴ノ岩の態度が悪かったのか......」
「ほんと国民全員にまで謝罪するのに何故貴ノ岩に謝罪しない そこは認めたくないんだろ」

といった声が続出している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中