2018年 11月 14日 (水)

ブサカワ犬「わさお」にエールも 飼い主の菊谷節子さん死去

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   不細工だけどカワイイ「ブサカワ」だと人気の秋田犬「わさお」の飼い主、菊谷節子さんが2017年11月30日に73歳で亡くなり、ツイッターなどにはお悔みのコメントが相次いでいる。

   菊谷さんは青森県鰺ケ沢町で焼きイカ店を営みながら、捨て犬だった「わさお」を拾い、飼っていた。今回の訃報を受け、ツイッターでは「わさお絶対悲しいし、ワシ関係ないけど涙が出てくるぜ」などの声も寄せられている。

  • 東奥日報社が運営する「わさお通信」
    東奥日報社が運営する「わさお通信」

「ワシ関係ないけど涙が出てくるぜ」

   青森の地元紙「東奥日報社」が運営する公式ブログ「わさお通信」(執筆は個人の方)が11月30日、菊谷さんが同日未明に亡くなったことを伝えた。菊谷さんは、17年に入り入退院を繰り返していたことや、10月初旬以降は入院していたことなども報告。10月1日に撮影した、菊谷さんと「わさお」の最後のツーショット写真も公開して、その死を惜しんだ。死後の対面を果たしたあとの「わさお」の写真も載せ、

「たぶん、ぜったいわさおには何が起きたかわかっているのだと思います」
「その上で、わさおはくじけていないように見えます」

とエールを送った。

   また、東奥日報や産経新聞(いずれもウェブ版、30日)なども、「間質性肺炎のため」として菊谷さんの死去について報じた。

   「わさお」は、2008年に旅関係ブログで取り上げられ注目を集めた。その後、ワイドショーなどでも紹介されて人気が急上昇し、11年には主演映画「わさお」(薬師丸ひろ子さんら出演)も上映された。「わさお」を見ようと、鰺ケ沢町には国内外から年間15万人が訪れている(河北新報16年4月18日付朝刊など)。

   菊谷さん死去のニュースが流れると、翌12月1日にかけてツイッターには、

「わさおにとっては気の毒です。お悔み申し上げます」
「残念。合掌」

と、その死を惜しむ声が相次いで寄せられた。他にも、

「わさお絶対悲しいし、ワシ関係ないけど涙が出てくるぜ」
「わさお...恩人の死を乗り越えて菊谷さんの分も生きてね」

と、わさおを思いやりエールを送るコメントも多く見受けられた。

「いつかは青森の鰺ケ沢に行くよ~」

と呼びかけるツイートもあった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

20181031_kaidan2.png
【プレゼント企画実施中】秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中