2018年 11月 14日 (水)

認知症の交通事故で親族が責任を負う悲劇 東京海上が初めて監督義務者を補償対象に

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   最近、高齢者の自動車事故が社会問題になっている。その中には認知症により運転者の責任能力が否定されると、監督義務のある親族が損害賠償の責任を負わされるケースもある。

   そんなケースのために、東京海上日動火災保険は2017年12月4日、2018年1月から自動車保険を改定、業界で初めて、監督義務者を損害補償の対象に含めることにしたと発表した。

  • 監督義務者が補償の対象にならないケース(東京海上日動火災保険の発表資料より)
    監督義務者が補償の対象にならないケース(東京海上日動火災保険の発表資料より)

友人が認知症であることを知らずに車を貸すと...

   東京海上日動火災保険の発表資料によると、従来の自動車保険でも多くのケースでは監督義務者は補償の対象となるが、一部のケースでは補償の対象とならず、親族が全額負担をしてきた。例えば、こんなケースだ(イラスト参照)。

   保険加入者のAさんが、友人のBさんに車を貸した。Bさんは許諾被保険者(Aさんの車の管理、使用を認められた被保険者の1人)だ。ところが、実はBさんは認知症で、Aさんはそれを知らなかった。Bさんは事故を起こし、責任能力が否定され、法律上の損害賠償責任は監督義務者であるBさんの妻に。これまでの自動車保険では、監督義務者は補償の対象に入っていないため、Bさんの妻が全責任を負わなくてはならなかった。

転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

20181031_kaidan2.png
【プレゼント企画実施中】秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中