紅白AKB「楽曲投票」どうなる 定番「恋チュン&ヘビロテ&紙飛行機」 vs まゆゆ卒業曲?

印刷

   2016年のNHK紅白歌合戦ではAKB48グループの出場者を視聴者の投票で決めたのに続いて、17年は披露する楽曲を投票で決めることになった。主要メンバーは自らの代表曲をツイッターでアピールするなど、早くも色めきだっている。

   17年の紅白は、17年いっぱいで卒業を表明している「まゆゆ」こと渡辺麻友さん(23)にとって最後のステージでもあり、渡辺さん関連の楽曲に注目が集まる可能性もある。一方で、ファン以外の視聴者もウェブサイトを通じて投票できるため、一般的に知名度が高い楽曲が上位にランクインする可能性もある。どういった楽曲に投票が集まりそうか、動向を探った。

  • 2016年の紅白では出場メンバーを投票で選んだ。画面はリハーサル用のダミーで、本番では山本彩さんが1位になった
    2016年の紅白では出場メンバーを投票で選んだ。画面はリハーサル用のダミーで、本番では山本彩さんが1位になった
  • 渡辺麻友さんは紅白で「マイクを置く」のか(2017年10月撮影)
    渡辺麻友さんは紅白で「マイクを置く」のか(2017年10月撮影)

まゆゆは紅白でも「マイク置く」のか

   企画は17年12月4日、NHKがウェブサイトで発表した。AKBのシングル表題曲50曲とNHKにゆかりの深い3曲を加えた53曲が投票の対象で、ウェブサイトから投票する。投票は12月30日正午に締め切られ、上位3曲が本番で披露される。

   渡辺さんは12月5日夕方時点ではツイッターで投票について言及していない。ただ、ファンとしては渡辺さんの花道を飾るべく、渡辺さんがセンターを務めた楽曲に集中的に投票する可能性もある。例えば最新曲「11月のアンクレット」(2017年)では、最後に渡辺さんがステージにマイクを置く演出がある。山口百恵さん(58)の引退公演ばりの演出を紅白で見たいと思うファンも多そうだ。14年の選抜総選挙で渡辺さんが1位を獲得し、センターを勝ち取った「心のプラカード」(2014年)や、宮脇咲良さん(19)とダブルセンターを務めた「希望的リフレイン」(2014年)にも支持が集まりそうだ。

   宮脇さんは

「私は、まゆさんと卒業前に隣で歌いたい!という気持ちで『希望的リフレイン』に投票しました」

とツイート。投票を直接的に呼びかけているわけではないが、ファンは推しメンの意向を「忖度」しそうだ。

「365日の紙飛行機」は紅白でAKBが歌ったことはない

   一般的に知名度が高い楽曲の動向も重要だ。現時点でユーチューブにアップロードされているAKBの楽曲のうち、再生回数が1億回を超えているのは「ヘビーローテーション」(2010年)と「恋するフォーチュンクッキー」(2013年)のみ。シングル表題曲ではないが、15年度下半期の連続テレビ小説シリーズ「あさが来た」の主題歌「365日の紙飛行機」(2015年)も投票対象に含まれている。

   「恋チュン」は13年の選抜総選挙で1位を獲得した指原莉乃さん(25)のセンター曲。指原さんはツイッターで同曲に投票したことを明らかにしており、山本彩さん(24)も

「私がセンターをやらせて頂いた『365日の紙飛行機』も対象となっております ご参加宜しくお願いします!!」

とアピールしている。「365日の紙飛行機」は15年の紅白でNMB48が披露したが、AKBが披露したことはない。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中