タクシーで暴れた弁護士に罰金30万円

印刷

   30代の男性弁護士が2017年11月、北海道札幌市で乗車したタクシーの車内で暴れたとして、12月5日、札幌簡裁が罰金30万円の略式命令を出した。各紙が報じた。

   男性弁護士は移動経路に腹をたてて防犯ボードを何度も蹴って壊し、運転手に暴行を加えたとして、札幌区検に暴行と器物損壊の罪で略式起訴された。罰金30万円は即日納付したという。

   札幌弁護士会は公式サイトで「当会会員が有罪判決を受けたことを深刻に受け止め、信頼回復に向け、弁護士法の定めに従って厳正に対応する」とする大川哲也会長名の談話を出した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中