2018年 8月 22日 (水)

NHK受信契約義務は「合憲」 最高裁が初判断

印刷

   最高裁判所大法廷(寺田逸郎裁判長)は2017年12月6日、放送法のNHKの受信契約を義務付ける規定は憲法に違反しないという判断を示した。最高裁として判断を示すのは初めて。NHKは受信契約の申し込みに応じない男性を提訴しており、1審、2審ともに合憲との判断が下っていた。

   放送法では、テレビなど、放送を受信できる環境にある場合、受信契約を結ばなければならないことを規定している。男性はこれが憲法の「契約の自由」に違反すると主張しており、NHK側は受信料制度には十分な合理性・必要性があり合憲であるとしていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中