「リアル麗子像」芸人の超絶メイク術 「ほんまに同じ人?」

印刷

   先日行われた「M-1グランプリ2017」の決勝大会に出場し、お茶の間を沸かせた男女コンビ「ゆにばーす」。大会では10組中9位に終わってしまったが、ボケ担当のはらさん(28)が今、SNS上で大きな注目を集めている。

   というのも、はらさんのインスタグラムを覗いてみると、テレビ出演時とは別人とも思えるような自撮り写真がいくつも投稿されているのだ。

  • フォロワー1万人記念の投稿。1枚目ではメイク写真を披露し、2枚目でこちらを披露した(画像は公式インスタグラムのスクリーンショット)
    フォロワー1万人記念の投稿。1枚目ではメイク写真を披露し、2枚目でこちらを披露した(画像は公式インスタグラムのスクリーンショット)
  • 5月に投稿していたギャルメイク風写真(画像は公式インスタグラムのスクリーンショット)
    5月に投稿していたギャルメイク風写真(画像は公式インスタグラムのスクリーンショット)

日頃は「邪悪なちびまる子ちゃん」だが...

   はらさんといえば「邪悪なちびまる子ちゃん」「リアル麗子像」などと称される個性的なルックスでおなじみ。しかし彼女、実は卓越したメイク術で別人のように変身することができるのだ。

   インスタグラムではこれまで、カフェの店員風、女子アナ風、カープ女子風、ギャル風...とさまざまなイメージでメイクした自撮り写真を披露してきている。ウィッグを着けたり、アイプチで二重まぶたを作ったりしながら、絶妙な角度で可愛いポーズを決めており、いずれも普段の姿とはかなり異なる。本人も「一人奇跡の一枚」「詐欺写真」などと評している。

   M-1終了から3日後の2017年12月6日には「フォロワー1万人記念」として、最新の自撮り写真を公開。

「M-1 グランプリ2017ありがとうございました。終わってすぐ休みだったので自撮りしました。早くプロに撮ってもらいたいです」

と、プロカメラマンによる撮影に意欲をみせた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中