2018年 8月 14日 (火)

『未来の年表』や『新聞記者』がヒット 出版界、2017年は「記者本」の当たり年

印刷

   独走する産経新聞ベテラン記者を、新顔の東京新聞ママさん記者が激しく追う――選挙予測記事ふうにいうと、こんな感じだろうか。

   このところ新聞記者が書いた本が目立っている。中でも、産経の河合雅司論説委員の『未来の年表』(講談社新書)が絶好調。ベストセラーになっている。それに迫る勢いを見せているのが東京新聞の望月衣塑子記者が書いた『新聞記者』(角川新書)。さらに朝日、毎日、読売の記者らも次々と参戦、2017年は「記者本」の当たり年となっている。

  • 河合雅司『未来の年表』(講談社新書・画像は講談社の公式ホームページより)
    河合雅司『未来の年表』(講談社新書・画像は講談社の公式ホームページより)
  • 望月衣塑子『新聞記者』(角川新書・画像は角川の公式ホームページより)
    望月衣塑子『新聞記者』(角川新書・画像は角川の公式ホームページより)

「日本のリスク」を大胆に予測

「2020年 女性の半数が50歳超え」
「2024年 全国民の3人に1人が65歳以上」
「2033年 3戸に1戸が空き家に」
「2040年 自治体の半数が消滅」

   河合論説委員の『未来の年表』は、このまま日本の少子化、高齢化が進むと、将来どうなってしまうのか、先々の年を明示して大胆に予測し衝撃を与えた。長年、人口問題に取り組んでいる著者が「日本のリスク」をわかりやすく説明している。2017年6月末の発売だが、先ごろ発表されたトーハンの年間ベストセラーランキングでは、新書部門で3位に入っている。

   望月記者の『新聞記者』は10月の出版。早くも4刷で、大手書店では売り上げベストテンに入っているところもある。望月記者は官房長官会見のストレートな質問ぶりなどで注目され、今年いちばん有名になった新聞記者。テレビや雑誌などにもしばしば登場し、露出が増えたことで知名度が上がった。マスコミ業界だけでなく一般にも読者が広がっているようだ。昨年『武器輸出と日本企業』(角川新書)を出しているが、こちらも好調で6刷になっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中