AKB新海外プロジェクト、「大化け」メンバー続出? 指原「売れない子は応募を」

印刷

   AKB48グループが海外への進出を加速させている。タイや台湾で相次いでグループが立ち上がったのに続いて、韓国のオーディション番組との共同事業や、メキシコの民放テレビが製作するドラマにもAKBのメンバーが参加することが発表された。

   過去には、ジャカルタのJKT48に移籍後に知名度を大きく伸ばし、「ツイッターで影響力のある人」世界ランキング女性の部に2年連続で7位にランクインした仲川遥香さん(25)のように、AKB内では目立たなくても移籍をきっかけに「大化け」するケースもあった。メンバーからは早くも「挑戦したい」といった声があがっている。

  • 新たな海外展開はAKBグループ恒例のイベント「第7回AKB48紅白対抗歌合戦」で発表された(c)AKS
    新たな海外展開はAKBグループ恒例のイベント「第7回AKB48紅白対抗歌合戦」で発表された(c)AKS
  • イベントで指原莉乃さんは「モーニング娘。’17」と共演した(c)AKS
    イベントで指原莉乃さんは「モーニング娘。’17」と共演した(c)AKS

AKBメンバーが日韓合同の「プロデュース48」のオーディションに応募

   新たな海外展開は、2017年12月10日に都内で開かれたAKBグループ恒例のイベント「第7回AKB48紅白対抗歌合戦」で発表された。韓国の音楽専門チャンネル「Mnet」(エムネット)は11月29日に横浜市内で開いたイベントで、オーディション番組「プロデュース101」とAKB48が提携し、日韓合同のプロジェクト「プロデュース48」をスタートすることを発表しており、今回のイベントで、AKB48グループのメンバーの中からプロジェクトに立候補する人を募ることが新たに発表された。応募期間は12月15日から1月10日まで。18年1月から1次オーディションが始まる。

   「プロデュース101」は、101人の候補者を視聴者が投票して11人を選ぶサバイバル形式で、韓国では16年1月から4月にかけて女性を対象にした「シーズン1」(全11回)、17年4月から6月にかけて男性を対象にした「シーズン2」(同)が放送された。

   指原さんは

「めちゃめちゃすごいらしいよ。日本だと温度差があるかもしれないけど、韓国ではすごい番組なんだって」

と驚いた様子で、司会の堺正章さん(71)は

「かいつまんで言うと、皆さんのチャンスがもうひとつ広がったということ。結果的にどういう体をなすかは、まだ言えない状態」

と補足。これに重ねる形で指原さんが煽った。

「とりあえず売れるチャンスがあるなら応募した方がいいということですね、売れない子は」

タイ、台湾、韓国、メキシコ...

   指原さんもAKBから他グループ移籍後に人気を伸ばした一人。それ以外にも、前出の仲川さん、HKT48の多田愛佳(おおた・あいか)さん(22)、新潟・NGT48の北原里英さん(26)らの例が知られている。

   17年は伊豆田莉奈さん(22)がタイ・バンコクの「BNK48」、阿部マリアさん(22)が17年11月に台湾・台北の「TPE48」に移籍した。この日のイベントでは日韓合同の「プロデュース48」以外に、メキシコの民放ドラマの新シリーズの主要キャスト4人のうち1人がAKBから起用されることも発表され、海外シフトが鮮明になっている。

   この4か国・地域のケースがインドネシア同様に成功するかは現時点では未知数だが、早くもメンバーからはチャンスが増えたことに期待する声が出ている。竹内美宥さん(21)は、イベント終了後に

「AKBがどんどんワールドワイド。挑戦したいな!」

とツイートした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中