2019年 9月 21日 (土)

顔の筋力弱い「筋ジス」患者がポーカー王者と対決! 障害活かし勝負事に挑戦

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

ポーカーフェースでババ抜きに勝てるか

   「顔面肩甲上腕型」の筋ジストロフィーを患う女性お笑いコンビ「エログロナンセンス」は、顔の筋力が弱く表情が出にくい特徴を利用し、世界ポーカー選手権大会で日本人初の優勝を果たした木原直哉さんに、ポーカーよりルールが簡単なババ抜きで勝負を挑んだ。

   最初はグロさんが対決したが、結果は木原さんの圧勝。ジョーカーを持っているグロさんが、引かれたくないカードを持つ手に力が入ってしまうため、ポーカーフェースでも勝てなかったのだ。

   次に対決したナツさんは見事木原さんに勝利した。夫と100戦以上練習し、癖を徹底的に修正してきたという。

   「表情がない」「笑った顔がキモい」と言われるのが悩みだった二人だが、木原さんとの対決で勝ち負け以上の喜びが得られたようだ。

   ナツさん「よく観察している方だから、『表情がよく出てますよ』って言っていただいて、『本当ですか!?』って。人と会うたびに表情をオーバーに作るのが癖になっていたので、木原さんみたいに見てくれる人がいるとすごくうれしい」

   グロさん「コンプレックスを感じている表情じゃなくて、それ以外のところで勝負ができた。弱点が弱点じゃなくなった」

姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中