2019年 9月 21日 (土)

便秘が続くと体に深刻な不調招く たまった便が腐り有毒物質が全身に

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

夕食を19時~20時に済ませ23時に就寝

   大ぜん動のメカニズムは、こうだ。食事をすると、口に入ったものは胃が3時間かけて消化し、さらに小腸で5時間かけて消化された後に大腸に送られる。胃と小腸が空っぽになって初めて、大ぜん動が起こる。

   食間を8時間あけるとなると、日中活動しているときは難しい。だが、就寝時間を含むとなれば、比較的容易ではないか。

   そうなると、夕飯の時間がポイントとなる。渡邉医師が勧めるのは、夜19時~20時の間に食事を済ませ、23時に就寝する生活のリズムだ。床に就く3時間前までに食べ終わることが重要。そうでないと胃が食べ物を消化しきれず、睡眠が浅くなってリラックスできなくなり、大ぜん動が起きにくくなる恐れがある。

   40年間便秘に苦しんだ松本明子さんだが、振り返ると当時は「寝る前まで食べていて、朝まで間があかなかった」。6年前に克服したが、きっかけは生活習慣の改善だった。18時台に夕飯を食べ、0時に布団に入る生活を1か月続けたら、便秘による肌荒れや肩こり、更年期障害、冷え症がすべて解消したと話した。

姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中