「怒りの感情をコントロールできず失敗」 「このハゲー!」豊田元議員が文句なしの1位

印刷

   「アンガーマネジメント大賞」が2017年12月14日発表され、「このハゲー!」「違うだろー!」などの暴言で世間を震撼させた豊田真由子元衆院議員が、「怒りの感情をコントロールできずに、失敗してしまったと思う有名人」の第1位に選ばれた。

   1年を総括する「○○大賞」「○○ランキング」などの結果には、首を傾げることもしばしばあるが、これには誰もが納得ではないだろうか。

  • 「怒りの感情をコントロールできずに、失敗してしまったと思う有名人」
    「怒りの感情をコントロールできずに、失敗してしまったと思う有名人」
  • 「上手に怒りの感情をコントロール・対応したと思う有名人」
    「上手に怒りの感情をコントロール・対応したと思う有名人」
  • 「今年1番怒りを感じたニュース・出来事」
    「今年1番怒りを感じたニュース・出来事」

166/254でダントツの1位

   怒りの感情と上手に付き合うための心理トレーニングの普及を行う「日本アンガーマネジメント協会」が、全国の一般男女416人の計670人を対象にアンケート調査を実施し、254人の専門家によって選出された。

   豊田議員は今年6月に男性秘書への暴言・暴行が報じられ、10月27日には書類送検された。「ちーがーうーだーろー!」は「2017ユーキャン新語・流行語大賞」にもノミネートされるなど、2017年を象徴する出来事として強烈なインパクトを残した。

   同協会の発表によると、一般の回答者からは

「表ではニコニコ、裏では怒り。感情的に物事を判断する人に国政は任せられない」(30代/男性)
「怒りの感情が、そのまま暴力に変わっているから」(40代/男性)
「誰にでもこみあげる怒りはありますが、大人として特に議員になられるような方はこらえるべき」(40代/女性)

といった意見が寄せられた。専門家による投票でも254人中166票と、他を大きく引き離して1位となった。

   この結果に対し、同協会の代表理事・安藤俊介氏はこう考察している。

「豊田真由子元議員の録音テープは多くの人に衝撃的で、悪い意味で非常に記憶に残るものでした。実際、言葉も流行語大賞にノミネートされましたし、まさか人がこのように怒るとは想像していなかった人も多かったのではないでしょうか。さらに絵に書いたようなエリートなキャリアを歩いてきた豊田元議員ということも、人の記憶に残る結果となりました。豊田さんについてはその後の衆院選で落選してしまいましたので、怒りがコントロールできずに人生で大きく失敗してしまった人になってしまいました。この事件から怒りの感情のコントロールの重要性について学び、人のため、社会のために活躍できるようになれれば、怒りの失敗から立ち直れた人として再評価されるでしょう」(原文ママ)

「上手に怒りの感情をコントロール・対応」1位は...

   一方、上手に怒りの感情をコントロール・対応した「アンガーマネジメント大賞」には歌手の松山千春さんが選ばれた(93票)。今年8月、離陸が約1時間遅れた飛行機に乗り合わせた松山さんは、乗務員用のマイクで自身の代表曲「大空と大地の中で」を歌い、遅延でイライラする乗客の心をなだめたことが評価の対象となった。インターネット上などで話題になり、「神対応」と絶賛された。

   僅差で2位となったのは、プロボクサーの村田諒太選手(85票)。今年5月に行われたWBA世界ミドル級王座決定戦で、不公平なジャッジが下されたにも関わらず、「試合の内容は第三者が判断すること」と冷静な対応をみせた。再戦では怒りの感情をパワーに変え、TKO勝ちしたことが評価された。

   また、「今年1番怒りを感じたニュース・出来事」には、164票で「東名高速の追い越し車線事故(ロードレイジ)」が第1位となった。「北朝鮮ミサイル発射」、「森友学園問題」と続く。

   なお、対象項目は2016年11月~2017年10月の間に注目された人物・事件・事柄のため、暴行問題に揺れる大相撲関係者などはランクインしていない。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中