トヨタとパナソニック、EV電池で協業へ

印刷

   トヨタ自動車とパナソニックは2017年12月13日、電気自動車(EV)などに使用する車載用電池事業について協業を検討すると発表した。

   同日に行われた記者会見で、トヨタの豊田章男社長は「両社は、車載用角形リチウム、全固体など次世代電池の取り組みに加え、その電池の資源調達やリユース・リサイクルなども含め、幅広く具体的な協業の内容を検討していく」と語った。

   協業による今後の展望も語られた。トヨタは2030年をめどに世界販売台数の50%をEVや燃料電池自動車(FCV)、ハイブリッド車(HV)、プラグインハイブリッド車(PHV)といった電動車両とする計画を発表。内訳は、EV、FCVが100万台、HV、PHVが450万台の計550万台とした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中