中2娘の採尿手伝い、当然スマホは隅々チェック 過保護と監視がひどい親の実態

印刷

【ねほりんぱほりん】(Eテレ)2017年12月6日放送
「ヘリコプターペアレント登場!超過保護ママ、まさかの実態とは」

   子供にとって毒になるような親「毒親」、学校などに理不尽なクレームを繰り返す「モンスターペアレント」がすっかり市民権を得た言葉となったが、最近ささやかれ始めた「ヘリコプターペアレント」という言葉はご存知だろうか。

   ヘリコプターのごとく、絶えず我が子の頭上で監視を続け、トラブルが起きたら急降下してあれこれ世話を焼く、「超過保護」な親を指す。そんなヘリコプターペアレントが番組に登場し、実態を赤裸々に明かした。

過保護のカホコは「日常を流してるだけだった」

   30代後半の専業主婦・イズミさん(仮名)は、夫と中学3年の長女、5歳の次女との4人暮らしだが、長女への過保護がやめられない。

   例えば食事の時は、長女は席から動かず、イズミさんがご飯をよそい、おかずを取り分け、おかわりも出してあげる。洋服もそれに合う靴下も全てイズミさんが選ぶ。

   2017年夏に日本テレビ系で「過保護のカホコ」というドラマが放送された。両親に溺愛され、母の助けなしには今日着る服も選べない大学生のカホコが恋に落ち、過保護からの卒業を決意。母と対決するストーリーだったが、イズミさんにとっては「別におかしいこと何もないんじゃない?と思った。日常生活をただ流してるだけという感覚だった」。16年までは尿検査の採尿もやってあげていたそうだ。

   留守番させる時はこんなメモを書き置きしていく。

   「おかえりなさい。今日も暑いね。エアコンつけてね、つけたら窓は閉めてね。でかける時は消していってね。おかずはレンジのドアを閉めたらレンジボタンを押して、30秒に合わせてからスタートだよ。ご飯をよそったらふたを閉めて食べ終わったら炊飯器ボタン消すように!!」

   幼い頃からエアコンを付けるか付けないかイズミさんがチェックしていて、勝手に操作してはいけないと思っているため、指示されないと付けられないという。メモの通りにエアコンを付けたかなど、心配事があったら、外出先から長女が出るまで電話をかけ続ける。

   夫からは「ママが全部やっちゃったらできなくなるから、手を出さない方がいい」と言われるが、「私が手を出さないと何もできないままじゃない?」と思い、改めようとしない。

「監視は必要悪。子供にプライバシーはない」

   長女の日常は全て把握しないと気が済まないので、スマートフォンの監視は「当たり前」の感覚だ。

   長女が寝た後LINEのやり取りを見て、誰が友達リストに入っているのか、まだこの子と繋がってるのね、などとチェックする。どんな動画を見ているのかなど、ブラウザの履歴ものぞく。

   MCの山里亮太「子供の履歴見るのは絶対ダメだよ!」

   メールを見てみたら、「インスタ映え」で人気の池袋のカフェに友達と行っていたことが発覚した。

   イズミさん「池袋に行ったら次はどこに行く?渋谷、原宿、新宿。まだ中学生なのに、危ない世界に...危ない、まだ行っちゃダメ!」

   MCのYOU「渋谷行ったからって全員ブルマ売ってるわけじゃないのよ!」

   その後はニュースを見ながら、遠回しに渋谷や新宿は危険な場所だと警告したそうだ。

   ほかの「ヘリコプター」な母親も、LINEの監視はもちろん、息子の担任や友達のTwitterアカウントを特定し、息子が内緒にしていることをつかむなどしている。高校2年の娘のTwitterの「裏アカウント」を見つけ出した母親は、「悪の道に入らないように」監視しているとのたまう。監視は必要悪で、「子供にプライバシーはない」と断言していた。

「何でできないの?何で私に何も返ってこないの」

   長女にも反抗期が到来しケンカが増えたが、イズミさんは「自分の意見の方が絶対上」だと思っている。「できないのに反抗する娘」に、「ママの言うことをちゃんと聞いていればこうならなかったでしょ!」「無駄なことばっかりしてるんじゃないよ!」と言ってしまう。

   イズミさんにとって、長女は何もできないように見えている。自身は勉強もスポーツもそこそこできたので、できない子の気持ちがわからないという。

   イズミさん「何でこんなに手取り足取りやってもできないの?私何も教えてもらわなくてもできたよ、って」「こんなに頑張ってるのに何で娘はできないの!?何で私には何も返ってこないの、と思ってしまう」

   長女が幼い頃に一度離婚しているイズミさん。一人で育てている間、長女が歩くのも話すのも遅く、「私一人で何とか頑張らなきゃ、私が背中を押してあげればこの子はとりあえず歩いていけるんだ」と思い、過保護が始まった。

   将来は普通の家庭を築いてくれればいいというイズミさんに、MCの二人からは「それが一番難しい」との一言が。

   山里「普通じゃないってイズミさんが勝手に思いすぎてるだけで」

   YOU「普通じゃなくても、他人に迷惑をかけずに楽しそうに生きてくっていうのもあるんですよ。それができれば一番いいよね」

   イズミさんはまだまだ過保護をやめるつもりはない。結婚しても遠くには行ってほしくないといい、毎日電話するとも。長女の方が寂しくなって毎日電話してくるだろうと踏んでいる。孫にも干渉していくつもりだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中