「夢千代日記」で知られる脚本家の早坂暁が死去

印刷

   脚本家として知られる早坂暁さんが2017年12月16日、腹部大動脈瘤破裂で死去した。88歳。各メディアが報じた。

   愛媛県出身だが、広島の原爆に関心が強く、NHKで放送された「夢千代日記」も原爆がテーマとなっている。

   テレビや映画の脚本が多く、「七人の刑事」「空海」など、多数の作品を手がけた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...
注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中